[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大橋悠依、全体6位で決勝進出 最強ホッスーとのメダル争いへ「食い込んでいきたい」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。

決勝進出を決めた大橋悠依【写真:Getty Images】
決勝進出を決めた大橋悠依【写真:Getty Images】

世界水泳女子200m個人メドレー、2分10秒04で22日決勝へ

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。初日の女子200メートル個人メドレー準決勝では、前回大会銀メダルの大橋悠依(イトマン東進)が2分10秒04の2組4位、全体6位で22日夜の決勝進出を決めた。大本里佳(イトマン)も2分9秒68の全体5位で決勝に進出した。

 200メートルと400メートルの個人メドレーで3大会連続2冠で、リオ五輪3冠の“鉄の女”ことカティンカ・ホッスー(ハンガリー)は、2分7秒17と異次元の速さで全体1位。決勝へ向け、大橋は「ホッスー選手は力が抜けているけど、2、3位は7秒台の争いなる。自分もその争いに食い込んでいきたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集