[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界水泳は五輪前年こそ面白い 出場歴5度の寺川綾が送る愛の檄「言い訳はできない」

世界水泳は「オリンピックのシミュレーションとしては最高の舞台」と語る寺川さん【写真:荒川祐史】
世界水泳は「オリンピックのシミュレーションとしては最高の舞台」と語る寺川さん【写真:荒川祐史】

1年後の五輪とほぼ同条件「世界でトップを争う選手は必ず合わせてきます」

 2003年の第10回大会以降、オリンピック前年に開催された世界水泳で、競泳の日本代表選手は4人が金メダルを獲得。そのうち3人が翌年の五輪でメダル獲得に成功している。さらに、メダルを獲得した23種目のうち15種目で、翌年の五輪でメダル獲得に至った。つまり、今回の世界水泳は東京五輪のメダリストを占う上で、重要な意味を持つこととなる。

 また、7月21日から始まる競泳個人種目では、金メダルを獲得すれば来年に控えた東京五輪への出場権が内定。リレー種目では、世界水泳の上位12チームに五輪出場権が与えられることになっている。それだけに「オリンピックの前年に開催される大会と、翌年に開催される大会では、雰囲気が全然違うんです」と寺川さんは明かす。

「もちろん、どの大会も全力で勝負に臨みますが、オリンピックが懸かるともう一押しが変わってくる。かなりハイレベルな戦いが期待できると思います。しかも、来年のオリンピックは東京開催で、今年の世界水泳は東京と時差のない韓国で開催。オリンピックのシミュレーションとしては最高の舞台ですよね」

 開催時期、開催場所など、重要な条件が揃った最高の舞台だからこそ、出場する日本の選手たちは「一切言い訳はできないですよね」と、厳しくも愛のある檄を飛ばす。

「例えば、パリで開催される大会だったら『ちょっと時差が……』とか調整が上手くいかないこともあるかもしれません。でも、今回は時差もないし、結果を出せる条件が整っていますから、選手にとってマイナス要素はありません。少し厳しいことを言うかもしれませんが、今回の世界水泳にコンディショニングを合わせられなかったら、来年のオリンピックにも合わせられないでしょう。世界でトップを争う選手は必ず合わせてきますから」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集