[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

競泳は「個人競技」じゃない 寺川綾がキャプテン2人に“結果”を期待する理由

開幕まであと22日となった第9回は週末特別企画として、ロンドン五輪メダリストで5度の世界水泳出場歴を誇る寺川綾さんが登場。前後編に分け、今大会に臨む日本代表“トビウオジャパン”、世界水泳の見どころなどについて語ってくれた。前編では、寺川さんが期待と注目を寄せる2選手を明かす。

5度の世界水泳出場歴を誇る寺川綾さん【写真:荒川祐史】
5度の世界水泳出場歴を誇る寺川綾さん【写真:荒川祐史】

「世界水泳カウントダウン連載」競泳開幕まであと22日―週末特別企画・寺川綾さん前編

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が7月12日に開幕する。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。「THE ANSWER」は競泳開幕の30日前からカウントダウン連載を行い、出場25選手のインタビューに加え、特別企画を織り交ぜながら大会を盛り上げる。

 開幕まであと22日となった第9回は週末特別企画として、ロンドン五輪メダリストで5度の世界水泳出場歴を誇る寺川綾さんが登場。前後編に分け、今大会に臨む日本代表“トビウオジャパン”、世界水泳の見どころなどについて語ってくれた。前編では、寺川さんが期待と注目を寄せる2選手を明かす。

 ◇ ◇ ◇

 日本勢は金メダルを獲得すれば、東京五輪の出場権が内定する。世界中のトップスイマーも目の色を変えて臨む今大会に、トビウオジャパンは25人の精鋭を派遣。数多くのメダル獲得が期待される中、寺川さんが「率先してチームを引っ張る立場として頑張ってほしい」と期待を寄せるのが「キャプテンの2人」。瀬戸大也(ANA)と大橋悠依(イトマン東進)だ。

「私でなくても皆さんが注目していると思いますけど(笑)。私が参加した世界水泳の代表チームは、どれもそれぞれに楽しかった。でも、その時のキャプテンがレースで結果を出してくれた時、『自分たちもできるんじゃないか。やらなくちゃ』という気持ちにさせてもらいました。今回も、そういう気持ちにさせてくれる2人だと思います。結果が全ての世界。雰囲気作りも大事ですけど、キャプテンって結果を残すことで一番チームに勢いをつけることができるんです」

 個人競技だと思われがちな競泳だが、代表選手たちはチームとして固い絆で結ばれているという。長期の代表合宿を終えた後、大会にチームとして乗り込み、何度もミーティングを重ねる。一旦、試合が始まれば、泳ぐ種目によってそれぞれ個人で行動する機会も増えるため、数日顔を合わせない選手もいるが、寺川さんが100メートル背泳ぎで銅メダルを獲得したロンドン五輪では、ホワイトボードを置いて互いへのメッセージを書き込んだほどだという。

「選手は誰も個人競技だとは思っていない。みんな『日本代表』という1つのチームだと思っているので。だから、キャプテンってチームの雰囲気を盛り上げたりまとめたりする必要は、特にないと思うんです。キャプテンが結果を出せば、自然とチームは盛り上がりますし、勢いが出ます。みんなで少しずつ加速させた勢いの集大成が、最終日の男女メドレーリレーに現れる。そこがチーム力が一番反映される舞台です」

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集