[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪まで1年半止まっていた生理 登坂絵莉の告白「帰国後、実家に帰った日に再開した」

女性アスリートのコンディショニングについて考える、スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト「THE ANSWER」のオンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」が3月14日に行われ、レスリングのリオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダリスト・登坂絵莉選手(東新住建)とフィギュアスケートで五輪2大会連続出場した鈴木明子さんが登場。計200人の応募が集まったイベントをレポートする。

オンラインイベントに参加した(左上から時計回りに)伊藤華英さん、須永美歌子教授、登坂絵莉選手
オンラインイベントに参加した(左上から時計回りに)伊藤華英さん、須永美歌子教授、登坂絵莉選手

オンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」第1部レポートvol.2

 女性アスリートのコンディショニングについて考える、スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト「THE ANSWER」のオンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」が3月14日に行われ、レスリングのリオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダリスト・登坂絵莉選手(東新住建)とフィギュアスケートで五輪2大会連続出場した鈴木明子さんが登場。計200人の応募が集まったイベントをレポートする。

【特集】「タブーなしで考える女性アスリートのニューノーマル」 THE ANSWER的「国際女性ウィーク」特設サイトはこちら

 アスリートの月経問題の発信、啓蒙活動を行っている競泳五輪2大会連続出場した伊藤華英さんをMCに、月経周期を考慮したパフォーマンスの研究・開発に取り組み「THE ANSWER」で連載も手掛けている日体大・須永美歌子教授を講師に迎え、各1時間行われた。今回は、第1部に登場した登坂さんが語った中から「レスリング選手と月経」のパートを取り上げる。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 前半の「体重コントロール」に続き、テーマとして語られたのが「月経」。女性アスリートにとって難しい生理とコンディショニングについて、登坂選手はありのままの経験と想いを語った。

伊藤「登坂選手はこれまで月経についてどう向き合ってきましたか?」

登坂「私は生理痛が重い方でした。中学時代、練習中にいきなりお腹が痛くなって練習がストップしてしまったり、生理前2週間くらいから体に水分を溜めやすくなって体重が思うように落ちなかったり。あとは減量期間中、生理が止まってしまい、試合前日に計量して、ごはんを食べると生理が来るという状況が続いていました。だいたい、試合当日に生理が来る状態。今は(前日計量から)当日計量に変わり、過度な減量がなくなったので、パフォーマンス的には難しい部分もありますが、女性にとっては良いことだと感じています」

伊藤「えっ。それは、いつも生理期間に試合が当たっていたということですか?」

登坂「そうです。だいたい試合の時は生理でした」

伊藤「それって大変ですよね、須永先生」

須永「試合中は経血の心配があり、レスリングも動きが激しいと余計ですよね」

登坂「試合当日、何回もお手洗いに行かないといけないので苦労しました」

 イベント後の取材で登坂選手は当時のエピソードを詳しく明かした。試合と月経が重なっていたのは、本格的に減量を始めた大学入学後から社会人1、2年目まで。

「減量中に生理が止まり、ここ(計量後の食事)で必ず生理が来ることは分かっていたので慣れていましたし、準備ができていました。もちろん、最初はびっくりしましたが。もう少し詳しく話すと、計量が夕方5時くらいにあり、空腹で脱水の状態なので、すぐに食べ物と飲み物を摂ります。ホテルに帰るのが7時くらい。それで7時半くらいになると生理が来ました。たまにその日に来ない日はありますが、朝になると来ています。

 私はパフォーマンス的に問題がなかったので、痛み止めだけ飲んで、お腹が痛くなるのを抑えていました。周りにこういうサイクルの選手はいなかったですね。ただ、リオ五輪まで生理が1年半止まっていました。帰国後、実家に帰ってきた日に生理が来ました。検査してもらっても体に問題はなかったので、それは減量というより精神的な部分が大きかったのかなと思っています。心の周期も影響するんだと私自身、勉強なりました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集