[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

気まぐれな海に魅せられた男・大原洋人 世界で戦う22歳サーファーが語る魅力

来年に控えた東京オリンピックの日本代表有力候補。生まれ育った一宮の海が会場となるだけに、出場にかける思いはひとしおだ。8歳からサーフィンを始め、「波質だったり、雰囲気だったり、ほとんど全ての状況でサーフィンしていると思うので、どういうコンディションになっても迷ったり不安な要素が出てくることはないという自信というか安心感」を抱かせる、勝手知ったる志田下ポイント。「あとは波を極めるだけ」と、1年後に表彰台に上がる姿もイメージできている。

五輪代表候補の大原洋人【写真:荒川祐史】
五輪代表候補の大原洋人【写真:荒川祐史】

五輪会場となる千葉県一宮町出身、1年後の表彰台をイメージ

 6月某日。千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸・志田下ポイントでひとしきり波に乗った後、大原洋人は真っ白な歯をのぞかせながら言った。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

「朝起きて海に行って波を見て、サーフィンができそうならして、夕方もまた海に行って…っていう1日の流れが一番安心しますね。海の近くにいて海に行かないと気持ち悪い。ソワソワしちゃいます(笑)」

 来年に控えた東京オリンピックの日本代表有力候補。生まれ育った一宮の海が会場となるだけに、出場にかける思いはひとしおだ。8歳からサーフィンを始め、「波質だったり、雰囲気だったり、ほとんど全ての状況でサーフィンしていると思うので、どういうコンディションになっても迷ったり不安な要素が出てくることはないという自信というか安心感」を抱かせる、勝手知ったる志田下ポイント。「あとは波を極めるだけ」と、1年後に表彰台に上がる姿もイメージできている。

 自然を相手にするスポーツは、その気まぐれに翻弄されることが多い。同じ海でも潮の流れや風の向きで、波はまったく違った姿を見せる。沖に出た途端、期待していた波が来なくなることもしばしば。「そうしたら臨機応変に作戦を変えたり、乗ってみた感覚でその時にできる限りのことをしたり」。波に対して常に受け身の立場だからこそ、巧みに乗りこなした時の充実感は計り知れない。

「試合の前に、今日の波だったらこういう演技をしたら勝てるんじゃないかなって予想するんです。自然が相手なので、予想しているサーフィンをするのも難しいし、それができたら十分。でも、予想以上のサーフィンができた時は手応えを感じますね。

 そのためにも、練習ではたくさんいろんな波でサーフィンするのが結構大切。波のコンディションが変わるのはもちろん、自分の中でも得意不得意はあるので、いい波ではなくても乗ってみる。どういう波でもコンスタントに自分のサーフィンができれば勝つ確率は上がるんじゃないかと」

 海が投げかけてくるあらゆる難題に答えられるよう、波に乗り、自分の引き出しを増やし続ける地道な作業。「言ってみれば、同じ波は2度と来ないので」と笑う姿から、自然を相手にした終わりなき駆け引きを心の底から楽しんでいる様子がうかがえる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集