[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トビウオに足りないものは「絶対にブレない」信念 平井HCが求める北島康介の戦う姿

対海外勢ではない、北島康介氏の信念貫く姿が必要「絶対に自分に負けちゃいけない」

 一定の成長を示しながらも、合格点には届かなかった選手もいる。大橋は「ホッスーに勝つ」という目標を口にしながら臨んだが、ライバルに勝つことを目標にするという考え方に平井HCは疑問を持つ。長年日本競泳界の第一線で指導を続けてきた中でも、五輪平泳ぎ2大会連続2冠のレジェンド、北島康介氏の姿が脳裏をよぎるという。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

「ホッスーに勝ちたいっていうのは薄い気がするんですよ。自分の決めたことをやり抜くこと。最近考えるのですが、康介とかとやっている時にライバルに勝ちたいというより、『絶対に自分自身に負けちゃいけない』と、コーチである僕自身も持っていた。

 ついでに言うと、人に感動を与えたいなんて思ったことないんですよ。感動するのは向こう(見ている側)だから。僕らは自分たちの決めたことを絶対にブレないでやり遂げる。相手じゃなくて自分だと思うんですよ。みんなそういうものを持てるといい。今大会で実力はあるということを、みんなが証明してくれているので、最後1年間は信念を持ってやってくれたら」

 4月の日本選手権で厳しい派遣標準記録を突破するなど、設けられた選考基準をクリアした選手たち。女子100メートル平泳ぎ決勝では、青木玲緒樹が1分6秒40でメダルに0秒04足りない4位だった。平井HCは「派遣標準を切れば決勝まで残れて、いいところまでいけると彼女が証明してくれた」と評価。一方で10代の選手が世界新を出すなど、新星が次々と躍動する海外勢に危機感を抱かされた。

「(日本の若手も)国内では思うようなレースができるんですよ。何本泳いでもタフに行けるけど、世界選手権に来たら予選でちょっと抑えているつもり、準決勝ちょっと上げていこうとやっていたのだろうけど、思うように泳げる日本選手権と違って、知らないうちに受けるプレッシャー、ギリギリで残らないといけないストレスがある」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集