[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福島由紀の記事一覧

  • 膝手術の廣田彩花が退院、フクヒロ2ショットも公開 福島由紀「歩けててビックリ!!」

    2021.08.21

    バドミントンの東京五輪女子ダブルス代表・廣田彩花が20日、ツイッターを更新。右膝前十字靭帯損傷の手術を受け、退院したことを報告した。ペアを組む福島由紀(ともに丸杉Bluvic)も駆けつけたようで、2ショットを公開している。

  • フクヒロ福島由紀、病室の廣田彩花と笑顔の2ショット公開 「2人の絆に感動」と反響

    2021.08.10

    バドミントンの東京五輪女子ダブルス代表・福島由紀がツイッターを更新。ペアを組む廣田彩花(ともに丸杉Bluvic)との2ショットを公開した。右膝前十字靭帯損傷を負っていた廣田が病院のベッドにおり、元気そうな表情。エールが相次いでいる。

  • フクヒロペアをリスペクト 廣田の患部気遣った中国ペアにSNS感動「もらい泣きした」

    2021.07.30

    東京五輪は29日、バドミントン女子ダブルス準々決勝で福島由紀、廣田彩花ペアは中国ペアに敗れ、4強入りを逃した。廣田は右膝前十字じん帯断裂の大けがを押してプレーしていたが、試合終了直後には中国ペアが駆け寄り、患部を気にするシーンがあった。健闘をたたえ合ったシーンにSNS上では「尊敬しあえるってすごい」「ジーンときた」「もらい泣きした」などと感動が広がっている。

  • バドミントン世界1位ペアの「パートナー論」 解散と再結成を経て強くなった2人の関係

    2021.05.08

    バドミントン女子ダブルスの福島由紀、廣田彩花ペア(丸杉Bluvic)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、「パートナーに掛けられた忘れられない言葉」について語った。世界ランク1位で東京五輪金メダル候補とされるフクヒロ。一時的に解散した経験のある最強ペアには、互いに寄り添い合う関係性があった。2人が相手に掛けられた言葉から「パートナー論」を探る。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

  • 高校のスポーツ留学と地元進学 バドミントン福島・廣田は15歳で2つの道に分かれた

    2020.07.15

    バドミントン女子ダブルスの東京五輪金メダル候補・福島由紀、廣田彩花(丸杉Bluvic)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、次世代のジュニア選手に向け、自身の進路選択について語った。同じ熊本出身で、青森の青森山田にバドミントン留学した福島と、県外と悩みながら地元・熊本の玉名女子に進んだ1年後輩の廣田。それぞれ15歳の時、対照的な道を選択した2人はやがて「フクヒロ」として世界ランク1位に上り詰めた。当時の高校選択の理由と、互いに選んだ環境で得たものとは――。

  • 「今、隣にいる人を大切にして」 高校生へ、2人で戦うフクヒロだから伝わるエール

    2020.06.18

    現役の五輪金メダル候補が、全国の高校生と語り合う。夢のような1時間が生まれた。バドミントン女子ダブルスの福島由紀、廣田彩花(丸杉Bluvic)が15日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。「フクヒロ」の愛称で親しまれる2人は、インターハイが中止となった全国70人のバドミントン部員へ、「同じチームのメンバーは気持ちが分かり合える。今、隣にいる人を大切にしてほしい」と仲間を思いやる大切さを説いた。

  • 【今、伝えたいこと】ちょっと口下手な五輪金メダル候補 フクヒロが「感動を与える」と言わない理由

    2020.06.10

    新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

  • 世界2位フクヒロが新天地で再始動 福島「いいチャンス」廣田「メダル獲得目標に」

    2020.06.05

    バドミントン女子ダブルスのフクヒロこと福島由紀・廣田彩花のペアが4日、オンライン会見で新設チーム「丸杉Bluvic(ブルビック)」に移籍することが発表された。

  • 「ダブルスは2人で作るもの」― フクヒロを世界トップ3に成長させた「気づき」

    2019.09.10

    東京オリンピックの出場権2枠を巡り、例を見ない熱戦が繰り広げられている日本バドミントン女子ダブルス。リオ五輪金メダルのタカマツペア(高橋礼華・松友美佐紀)、世界選手権2連覇中のナガマツペア(永原和可那・松本麻佑)とともに、世界トップ3の座を独占する日本人ペアがいる。それが、フクヒロこと福島由紀・廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)のペアだ。

  • フクヒロが3年連続決勝へ 過去2年は準V、福島「3度目の正直」廣田「1点1点積み重ね」

    2019.08.24

    3度目の正直に、あと一歩だ。バドミントン世界選手権(スイス、バーゼル)は現地時間24日に各種目の準決勝を行い、女子ダブルス世界ランク3位の福島由紀、廣田彩花(アメリカンベイプ)は2-0で同7位のドゥ・ユエ、リー・インフィ(中国)を破って3年連続の決勝進出を決めた。

  • 初戦突破のフクヒロ、3度目の正直へ 雪辱戦の鍵は…「長い試合すれば自分たちに分」

    2019.08.22

    今度は、こっちのペースに持ち込んで雪辱だ。バドミントン世界選手権(スイス、バーゼル)は現地時間21日に3日目を行い、女子ダブルスの福島由紀、廣田彩花(アメリカンベイプ)は、ロシアのペアをストレートで破って初戦を突破した。

  • 福島&廣田、激戦の全日本V2へ決意 五輪レース見据え「日本人対決で勝つこと大事」

    2018.11.26

    東京五輪に向けた、バドミントンの日本代表争いが幕を開ける。各種目の成績上位者が来季の日本代表に選出される第72回全日本総合バドミントン選手権大会は、開幕を前日に控えた26日、試合会場となる駒沢体育館で記者会見が行われた。

  • フクヒロ、「飛ばない」五輪会場を生かした初優勝「思い切って振って攻撃に行けた」

    2018.09.17

    「フクヒロ」の安定感は、やはり抜群だ。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に各種目の決勝を行い、女子ダブルスは世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)がストレート(21-15、21-12)で世界ランク2位のチェン・チンチェン、ジァ・イーファン(中国)を破って初優勝を飾った。

  • 桃田&奥原、フクヒロが決勝へ レベルも意欲も高い今大会、五輪会場で初の複数Vは?

    2018.09.15

    バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は15日に各種目の準決勝を行い、日本勢では男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)、女子ダブルスの「フクヒロ」ペアこと福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が翌16日に武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる決勝に勝ち残った。

  • 実績十分「フクヒロ」VS「ナガマツ」の勢い 日本勢で金メダル争う決勝の見どころは

    2018.08.04

    4強に3組と圧倒的な層の厚さを見せる女子ダブルスは、同国勢で金メダルを争うことになった。バドミントンの世界選手権は4日、中国・南京市ユースオリンピック公園アリーナで各種目の準決勝を行い、女子ダブルスは初出場の松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)と、前回銀メダルの福島由紀、廣田彩花(岐阜トリッキーパンダース)がそれぞれ勝ち上がり、決勝進出を決めた。同種目で日本勢が金メダルを獲得するのは、1977年に行われた第1回大会の栂野尾悦子、植野恵美子組以来41年ぶりとなる。

  • バド最強日本女子が世界一宣言 渦中の「フクヒロ」が複エース「2人で楽しみながら」

    2018.05.11

    バドミントン日本代表が、過去最強の陣容で世界一を狙う。20日からタイのバンコクで開催される国別対抗戦トマス杯(男子)、ユーバー杯(女子)に臨む日本代表が10日、都内で記者会見に臨み、出場選手、新ユニフォーム、2018年度オフィシャルスポンサーの発表を行った。チームを率いる朴柱奉ヘッドコーチは「女子は、チームの世界ランク1位で第1シード。決勝まで勝ち残って優勝を狙いたい。男子は、第5シード。準決勝まで行って良い成績を出せるように頑張りたい」と目標を語った。

  • タカマツ破ってアジアVの福島&廣田が帰国、移籍問題にはノーコメント

    2018.04.30

    移籍問題が取り沙汰されているバドミントン日本代表の女子ダブルス、福島由紀、廣田彩花組(再春館製薬所)が30日、初優勝を飾ったアジア選手権(中国・武漢)から帰国した。同選手権では決勝で2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)を2-1(21-18、18-21、21-16)で破った。

  • “1分半の長編映画” 日本人ペアの102回超ロングラリーが話題沸騰「凄まじい!」

    2018.03.20

    バドミントンの全英オープン、女子ダブルス決勝で、福島由紀と広田彩花(ともに再春館製薬所)の通称“フクヒロペア”が、デンマークペアを相手に繰り広げた、実に102回の超ロングラリーが話題を呼んでいる。英公共放送「BBCスポーツ」の公式ツイッターがこの一部始終を、ラリーのカウント数入りで動画で公開。ファンからは「永遠に続くような感覚」「まるで長編映画」と驚きと感動の言葉が相次いでいる。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集