[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

実績十分「フクヒロ」VS「ナガマツ」の勢い 日本勢で金メダル争う決勝の見どころは

4強に3組と圧倒的な層の厚さを見せる女子ダブルスは、同国勢で金メダルを争うことになった。バドミントンの世界選手権は4日、中国・南京市ユースオリンピック公園アリーナで各種目の準決勝を行い、女子ダブルスは初出場の松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)と、前回銀メダルの福島由紀、廣田彩花(岐阜トリッキーパンダース)がそれぞれ勝ち上がり、決勝進出を決めた。同種目で日本勢が金メダルを獲得するのは、1977年に行われた第1回大会の栂野尾悦子、植野恵美子組以来41年ぶりとなる。

若手の松本(奥)、永原が金メダルをかけて実績十分の2人に挑む【写真:大会公式サイト】
若手の松本(奥)、永原が金メダルをかけて実績十分の2人に挑む【写真:大会公式サイト】

決勝は日本人ペア対決、同種目の金メダルは41年ぶり

 4強に3組と圧倒的な層の厚さを見せる女子ダブルスは、同国勢で金メダルを争うことになった。バドミントンの世界選手権は4日、中国・南京市ユースオリンピック公園アリーナで各種目の準決勝を行い、女子ダブルスは初出場の松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)と、前回銀メダルの福島由紀、廣田彩花(岐阜トリッキーパンダース)がそれぞれ勝ち上がり、決勝進出を決めた。同種目で日本勢が金メダルを獲得するのは、1977年に行われた第1回大会の栂野尾悦子、植野恵美子組以来41年ぶりとなる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 実績十分の福島、廣田組に、若手の松本、永原が挑む形だ。福島、廣田の「フクヒロ」ペアは、日本A代表に入った昨季、ブレイクした。所属チームの末綱聡子コーチは「海外のトップの試合を1年間回って、経験を積んだ。相手によって臨機応変にプレーを変えられるように、上手くやり取りができるようになった」と成長を認める。

 前回大会では準優勝。最新の世界ランクは2位で、今大会には第2シードで出場している。準決勝では、第4シードの米元小春、田中志穂組(北都銀行)をストレートで撃破。攻撃時、前衛と後衛をどちらもこなせる強みを生かして、攻め切った。いまや、日本女子ダブルスのエース格と言える。

 対する松本、永原は、1年遅れて、今季A代表入り。永原と松本で「ナガマツ」ペアだ。ともに170センチを超える長身を生かしたアタック、ドライブが魅力。こちらも前後が入れ替わっても強みを発揮できる。特に身長177センチで本来は後衛の松本が前に出ると、少しでも甘い球が浮いてくれば、高い打点のジャンプショットでたたき落とす。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集