[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福島&廣田、激戦の全日本V2へ決意 五輪レース見据え「日本人対決で勝つこと大事」

東京五輪に向けた、バドミントンの日本代表争いが幕を開ける。各種目の成績上位者が来季の日本代表に選出される第72回全日本総合バドミントン選手権大会は、開幕を前日に控えた26日、試合会場となる駒沢体育館で記者会見が行われた。

福島由紀、廣田彩花【写真:平野貴也】
福島由紀、廣田彩花【写真:平野貴也】

全日本選手権前日会見、最注目は世界ランクトップ10が5組ひしめく女子ダブルス

 東京五輪に向けた、バドミントンの日本代表争いが幕を開ける。各種目の成績上位者が来季の日本代表に選出される第72回全日本総合バドミントン選手権大会は、開幕を前日に控えた26日、試合会場となる駒沢体育館で記者会見が行われた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 最注目は、最新世界ランク(22日付)で10位以内に5組がひしめく女子ダブルス。前回大会で初優勝を飾った世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)は、連覇を狙う。福島は「レベルが高く、厳しい戦いになると思う。向かって来られると思うけど、向かい返す気持ちでやりたい」と抱負を語った。大会終盤は、日本代表勢の直接対決となる可能性が高く、廣田は「海外でも日本人対決は増えている。そこ(日本人対決)で勝つことも大事。全日本で日本一を取ることには意味がある。優勝を目指して頑張りたい」と五輪レースのライバル対決を視野に捉えた。

 2020年東京五輪の出場選手は、同年4月30日付の世界ランクを基準に決まる。世界ランクは、1年間の成績を対象に獲得ポイントを争うもの。2019年5月からの国際大会が「五輪(出場権獲得)レース」と呼ばれる舞台となる。ポイントの高い大会に出場するには、日本バドミントン協会が派遣するA代表に入る必要がある。同協会は、全日本総合選手権で行われる5種目のうち4種目(男女のシングルス、ダブルス)の1位、2位と、大会後に発表する日本ランキングの4種目の1位選手を19年シーズンの日本代表に選出することを公表している(ただし、A、B代表の内訳は、代表選手選考後に決定)。大会後に発表される日本代表(男女各12人程度)に入ることは、五輪挑戦の絶対条件だ。

 女子ダブルスは、福島、廣田のほかに2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が世界ランク2位、今夏の世界選手権を制した松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)が同3位。6位の田中志穂、米元小春組(北都銀行)、10位の櫻本絢子、高畑祐紀子(ヨネックス)と実力派が揃っており、注目される。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集