[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡堅樹の記事一覧

  • 福岡堅樹、7人制新同僚と“車内集合写真”に反響 和気あいあいに「みんないい顔だ」

    2020.03.09

    昨秋のラグビー15人制ワールドカップ(W杯)日本代表WTB福岡堅樹(パナソニック)が8日、インスタグラムを更新。東京五輪出場を目指し、6日から7人制日本代表候補合宿(大分・別府)に参加している中、“新同僚”との集合写真を公開している。

  • 福岡堅樹、7人制代表合流を報告 東京五輪へ再出発「徐々に仕上げていけるように」

    2020.03.01

    昨秋のラグビー15人制ワールドカップ(W杯)日本代表WTB福岡堅樹(パナソニック)が29日、ツイッターを更新。この日から2日間、行われる7人制代表候補合宿に合流したことを報告した。

  • 福岡堅樹、29日からの7人制代表合宿に参加 東京五輪挑戦へ再スタート

    2020.02.28

    日本ラグビーフットボール協会は28日、男子7人制代表トレーニングスコッドのスケジュールおよび参加メンバーを発表。15人制でワールドカップ(W杯)8強入りに貢献した福岡堅樹(パナソニック)も名を連ねた。合宿は29日からの2日間で、場所は東京・北区のナショナルトレーニングセンター。また新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、合宿中のファン対応は行わないことも合わせて発表された。

  • 東京五輪で本当にメダルを狙えるのか 男子7人制代表の“リアルな現在地”を検証

    2020.02.22

    ラグビーの男子セブンズ日本代表が参加するワールドラグビー「セブンズチャレンジシリーズ2020(男子)」が日本時間の22日深夜、南米ウルグアイのモンテビデオで開幕。東京五輪が5か月後に迫る現時点での同代表の強化の進み具合に関して、本城和彦・7人制強化委員長および岩渕健輔・男子セブンズ代表ヘッドコーチの証言も得ながら検証する。

  • 福岡堅樹を継げるのか 託されたリーグV、竹山晃暉が“弟分脱却”へ「それを使命に」

    2020.01.26

    ラグビーのトップリーグ第3節は25日、相模原ギオンススタジアムで三菱重工相模原―パナソニック戦が行われ、パナソニックが62-10で開幕3連勝。勝ち点15で単独首位をキープした。福岡堅樹が東京五輪7人制出場を目指すため今節から不在の中、「後継者」と称されるトライゲッターの竹山晃暉はWTBで先発して1トライ。“弟分”からの脱却を果たす成長を誓った。

  • 福岡堅樹、24日からの7人制代表合宿不参加に トップリーグで負傷、合流時期は未定に

    2020.01.22

    日本ラグビーフットボール協会は22日、15人制でワールドカップ(W杯)8強入りに貢献した福岡堅樹(パナソニック)が、24日から始まる男子7人制代表トレーニングスコッドの熊谷合宿に参加しないことが決まった。18日のトップリーグ第2節トヨタ自動車戦で負傷したため。

  • 福岡堅樹へ、パナ同僚の親日家豪代表FLも惜別「君がいなくなるのは寂しいけど…」

    2020.01.19

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りに貢献した福岡堅樹(パナソニック)は東京五輪出場を目指し、24日から始まる7人制合宿に合流するこになった。今季最後のトップリーグ出場となった18日のトヨタ自動車戦の試合後、同僚の豪州代表デービッド・ポーコックがツイッターを更新し、群馬に戻る移動の際に撮影した福岡らとの写真を掲載するとともに「君がいなくなるのは寂しいけど…」と惜別している。

  • 福岡堅樹は「しっかり結果残せる人物」 田中史朗が古巣後輩の7人制挑戦にエール

    2020.01.19

    国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)の第2節が18日、各地で行われた。秩父宮ラグビー場では、キヤノン(昨季12位)が12年ぶりにTL復帰を果たした三菱重工相模原を23-15で下し、今季初勝利を挙げた。マン・オブ・ザ・マッチにはワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りに貢献したSH田中史朗が選ばれた。田中は試合後、W杯を共に戦い、7人制で東京五輪を目指す福岡堅樹(パナソニック)にエールを送った。

  • 松島幸太朗、五輪挑戦は「今のところ微妙」 福岡堅樹から「来いよ」のオファーも…

    2020.01.19

    国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)の第2節が18日、各地で行われた。秩父宮ラグビー場では、サントリー(昨季2位)がNTTコム(昨季5位)を22-10で下し、今季初勝利を挙げた。ワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りに貢献したFB松島幸太朗は、相変わらずの快足で攻守に貢献。試合後には東京五輪に関しても言及した。

  • 15人制と7人制の違いとは 東京五輪へ挑む福岡堅樹が解説「何度もトップスピードに」

    2020.01.19

    ラグビーのトップリーグ第2節は18日、豊田スタジアムでトヨタ自動車―パナソニックが行われ、ワールドカップ(W杯)日本代表6人を擁するパナソニックが40-20で開幕2連勝を飾った。この試合後、東京五輪を目指して7人制日本代表に合流するWTB福岡堅樹は終了間際に“有終トライ”を披露。トップリーグ史上最多の観衆3万7050人を最後まで魅了した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集