[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フアン・カルロス・パヤノの記事一覧

  • ネリは「私には勝てない」 “問題児”撃破にパヤノが自信「私は準備万端だ」

    2019.06.08

    ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)が7月20日に同4位のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とラスベガスで対戦することが決まった。昨年10月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で井上に70秒KO負けを喫したパヤノは「不運なことだが、ネリは私には勝てない」と自信をのぞかせている。元WBC同級世界王者・山中慎介との2試合でドーピングと体重超過のスキャンダルを起こした問題児を叩きのめすつもりだ。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

  • 問題児ネリ、パヤノ戦を世界再挑戦の最終試験に 「WBCのベルトを取り戻す最終段階」

    2019.06.07

    ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)が7月20日に同4位のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とラスベガスで対戦することが決まった。元WBC同級世界王者・山中慎介との2試合でドーピングと体重超過のスキャンダルを起こし、王座剥奪となった問題児は「パヤノ戦はWBCのベルトを取り戻す最終段階だ」と話している。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

  • 井上尚弥に完敗パヤノ、「7.20」ネリ戦決定 母国紙「イノウエ戦の棘を抜き去りたい」

    2019.06.02

    ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)が7月20日に同4位のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とラスベガスで対戦することが決まった。

  • 井上に敗れたパヤノ、有望株相手の再起戦完勝に「オレは誰かの踏み台じゃない」

    2019.03.13

    ボクシングの元WBA世界バンタム級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)が9日(日本時間10日)米カリフォルニア州で再起戦に臨み、無敗のホープを相手に3-0の判定で完勝した。パヤノは昨年10月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級1回戦で井上尚弥(大橋)に1回70秒KO負けを喫していたが、無敗の有望株相手に再起戦を見事に飾った、かつての王者は「オレは誰かの踏み台じゃない」と語っている。ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • 際立つ井上の強さ― パヤノ再起戦の完勝に米メディア脚光「残酷なKO負けから復活」

    2019.03.10

    ボクシングの元WBA世界バンタム級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)が9日(日本時間10日)米カリフォルニア州で再起戦に臨み、無敗のホープを相手に3-0の判定で完勝した。パヤノは昨年10月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級1回戦で井上尚弥(大橋)に1回70秒KO負けを喫していたが、実力健在を見せつけた元王者に地元メディアは「余裕の判定勝ち」「残酷なKO負けから復活」と速報している。

  • 井上尚弥に敗れたパヤノが再起戦飾る 無敗のホープを相手に完勝で復活の狼煙

    2019.03.10

    ボクシングの元WBA世界バンタム級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)が9日(日本時間10日)米カリフォルニア州で再起戦に臨み、無敗のホープを相手に3-0の判定で完勝した。パヤノは昨年10月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級1回戦で井上尚弥(大橋)に1回70秒KO負けを喫していた。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

  • 井上尚弥に惨敗 パヤノが“70秒KOの悪夢”を回顧「あれはなかったことにしたい」

    2019.02.25

    昨年10月に行われたボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級初戦で、WBA世界王者・井上尚弥(大橋)に70秒KO負けを喫した元WBA世界スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)。3月9日に米ロサンゼルスで14戦全勝のダミアン・バスケス(米国)との再起戦に臨む猛者は「あれはなかったことにしたい」と“モンスターの悪夢”を振り返っている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • 井上のパンチは「見えなかった」 初KO負けパヤノは脱帽のち称賛「もちろんV候補」

    2018.10.08

    ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1回70秒KOでマットに沈め、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。プロ21戦目で初のKO負けを喫したパヤノは、試合後に完敗を認め、井上を称えている。

  • 井上尚弥は「パヤノに初KO負けを突きつける」 米専門メディアは“死角なし”の評価

    2018.10.07

    ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦を迎える。米メディアは勝敗を分析し、「1、2ラウンドはかかるかもしれないが…」と「The Monster」が難敵パヤノにキャリア初KO負けを突きつけると予想。“死角なし”を強調している。

  • 井上尚弥と激突のパヤノ「興奮している」 堂々の怪物狩り宣言「オレが勝つ!」

    2018.07.21

    ボクシングの主要団体王者が出場するトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の組み合わせ抽選会が20日にモスクワで行われ、WBAバンタム級王者の井上尚弥(大橋)は1回戦で元WBA同級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を指名した。迎え撃つパヤノは「オレが勝つ!」とモンスター狩りを宣言している。米メディアが伝えている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集