[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上のパンチは「見えなかった」 初KO負けパヤノは脱帽のち称賛「もちろんV候補」

井上のパンチは「見えなかった」 初KO負けパヤノは脱帽のち称賛「もちろんV候補」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1回70秒KOでマットに沈め、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。プロ21戦目で初のKO負けを喫したパヤノは、試合後に完敗を認め、井上を称えている。

井上尚弥(左)がフアン・カルロス・パヤノを70秒でKOした【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)がフアン・カルロス・パヤノを70秒でKOした【写真:Getty Images】

パヤノはプロ21戦目で初のKO負け

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1回70秒KOでマットに沈め、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。プロ21戦目で初のKO負けを喫したパヤノは、試合後に完敗を認め、井上を称えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 きれいなワンツーをもらったパヤノは、仰向けにマットに転がった。必死で体を起こそうとするが立てない。この日初めてもらったパンチだったが、一発で試合に終止符が打たれた。34歳が壮絶に散った。

 アマで2度五輪に出場。プロでも豊富なキャリアを誇り、KO負け経験なしの強豪は試合後、控室で潔く負けを認めた。

「イノウエは大変速くて、ハードパンチを持っていた。油断したわけではないが、パンチが見えなかった」と振り返った。スピードは想定以上。井上が何度も練習してきたというワンツーに対応できなかった。

「距離を取って、届かない距離で戦おうと思っていた。ただ、どこからパンチが飛んでくるか分からないものだ」。KOシーンまでは緊迫感のある探り合いが続いていた。だが、一瞬のタイミングがあれば、井上のパンチには相手を仕留める威力がある。それを痛感させられた。

「井上が優勝候補? もちろんそうだと思う」。井上の実力を再確認したドミニカの元スーパー王者。身に染みた衝撃的な強さに、V候補と太鼓判を押していた。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー