[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロシア14歳がザギトワ超え“世界最高得点” 史上初4回転Lz2度成功、母国紙「大衝撃」

フィギュアスケートでロシアの14歳、アンナ・シェルバコワがヨシュカル・オラで行われたロシア杯第2ラウンドで女子では史上初となる、1つのプログラムの中で2度4回転ルッツを跳び優勝した。シェルバコワは6日に行われたフリーの冒頭で4回転ルッツと3回転トウループの連続ジャンプを跳び着氷の際、少しバランスを崩したものの、続けて披露した4回転ルッツは見事に着氷した。演技後半には3回転ルッツと3回転ループの連続ジャンプなどを決め159.43点をマークし、合計227.27点で優勝した。

ジャパンOPで優勝したザギトワだが、その後には同門の後輩シェルバコワが史上初の快挙【写真:Getty Images】
ジャパンOPで優勝したザギトワだが、その後には同門の後輩シェルバコワが史上初の快挙【写真:Getty Images】

14歳シェルバコワがロシア杯で衝撃の演技

 フィギュアスケートでロシアの14歳アンナ・シェルバコワが、ヨシュカル・オラで行われたロシア杯第2ラウンドで女子史上初となる、1つのプログラムの中で2度4回転ルッツを跳び、優勝した。6日のフリーの冒頭、4回転ルッツと3回転トウループの連続ジャンプを跳び、少しバランスを崩したものの、続けて披露した4回転ルッツは見事に着氷。後半には3回転ルッツと3回転ループの連続ジャンプを決め、159.43点をマークし、合計227.27点で優勝した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 男子でも高難易度の4回転ルッツを、2度プログラムに入れる圧巻の演技を披露した14歳シェルバコワ。ロシアスケート連盟の公式サイトでは自身の演技について振り返っている。

「フリープログラムに関しては全体的に満足しています、なぜなら試合で(4回転)ルッツを見せることが私にとって大切だったからです。しかし、これから修正しないといけないミスもたくさんありました。今回は私にとって重要な経験になりました。練習を続けて次の大会に準備していきます」

 史上初となる偉業にも淡々と語っているようだ。また、現地スポーツ紙「ソベツキー・スポルト」はジャパンオープンで非公認記録ながら世界最高得点をマークし、優勝した平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワと共に、シェルバコワにも言及している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集