[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パヤノ、悪童ネリに悶絶KO負けも 米メディアは奮闘称える「6回まで互角以上だった」

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦で9ラウンドKOでネリに屈したパヤノだが、米メディアは「6回まで互角以上だった」と奮闘を称えている。

フアン・カルロス・パヤノ【写真:Getty Images】
フアン・カルロス・パヤノ【写真:Getty Images】

ネリに9回KO負け、パワーに屈したが序盤の試合運びには拍手

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦で9ラウンドKOでネリに屈したパヤノだが、米メディアは「6回まで互角以上だった」と奮闘を称えている。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 最後は強烈な左フックをボディに受け、問題児ネリに屈した元WBA世界スーパー王者のパヤノだが、中盤戦までの戦いぶりは高く評価されている。

 米ボクシングメディア「イーストサイドボクシング」では「元王者同士のハイペースの激突で、パヤノはアグレッシブなネリ相手に序盤成功を収めた。猛攻に後退しながら捌き、ノックアウトアーティスト相手に自らの攻撃を着弾させていた」と分析している。

 さらには「パヤノはこの戦いの序盤の6ラウンドでいずれも互角以上のパンチを着弾させた」とし、下馬評で圧倒的だったネリ相手に優勢だったことを評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集