[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥は「パヤノに初KO負けを突きつける」 米専門メディアは“死角なし”の評価

井上尚弥は「パヤノに初KO負けを突きつける」 米専門メディアは“死角なし”の評価

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦を迎える。米メディアは勝敗を分析し、「1、2ラウンドはかかるかもしれないが…」と「The Monster」が難敵パヤノにキャリア初KO負けを突きつけると予想。“死角なし”を強調している。

井上尚弥(右)とフアン・カルロス・パヤノの一戦が行われる【写真:荒川祐史】
井上尚弥(右)とフアン・カルロス・パヤノの一戦が行われる【写真:荒川祐史】

いよいよ今夜決戦、米メディアは序盤で「井上KO勝ち」と分析

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦を迎える。米メディアは勝敗を分析し、「1、2ラウンドはかかるかもしれないが…」と「The Monster」が難敵パヤノにキャリア初KO負けを突きつけると予想。“死角なし”を強調している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 階級別最強決定戦、WBSSの第2シーズン開幕戦となる井上―パヤノ。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」も特集し、モンスターが持つ圧倒的な優位性を分析している。

「この一戦に際して、イノウエにはいくつかの明確なアドバンテージが存在する。彼は10歳近く若い。爆発的なスピードがある。パンチの威力はWBSSの世界でもずば抜けている。彼はパウンド・フォー・パウンドの世界で最も破壊力を持つボクサーの1人だ。彼はそのパワーで相手の頭部とボディに同じ獰猛さでヒットさせるのだ」

 25歳という若さ、そして、圧倒的なスピードとパワーの3つのストロングポイントを強調。だが、3要素を際立たせるのは、モンスターのずば抜けた基本技術の高さという。「彼のパワーをことさら危険たらしめるのは基礎技術だ。それは彼の攻撃を洗練させる。シャープで硬いジャブの持ち主で、時に有無を言わせぬ左フックの糸口になる」と称賛している。

 さらに「率直に言って、井上に関して言えば、彼は世界で最も完璧なファイターの一人で、勝利を望むことはできる選手はほとんどいない。彼は無敗というだけではない。プロとしてラウンドを失ったことがほとんどないのだ」と分析しており、もはや死角なしの評価と言っていいだろう。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー