[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に敗れたパヤノが再起戦飾る 無敗のホープを相手に完勝で復活の狼煙

ボクシングの元WBA世界バンタム級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)が9日(日本時間10日)米カリフォルニア州で再起戦に臨み、無敗のホープを相手に3-0の判定で完勝した。パヤノは昨年10月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級1回戦で井上尚弥(大橋)に1回70秒KO負けを喫していた。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

フアン・カルロス・パヤノ【写真:Getty Images】
フアン・カルロス・パヤノ【写真:Getty Images】

昨年10月に井上に70秒で敗れて以来の再起戦、14戦無敗のホープに完勝

 ボクシングの元WBA世界バンタム級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)が9日(日本時間10日)米カリフォルニア州で再起戦に臨み、無敗のホープを相手に3-0の判定で完勝した。パヤノは昨年10月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級1回戦で井上尚弥(大橋)に1回70秒KO負けを喫していた。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 パヤノはやはり強かった。5か月ぶりの再起戦で、14戦無敗のプロスペクト、ダミアン・バスケス(米国)との8回戦に臨み3-0の判定で完勝。ジャッジ2人が9点差をつける大差の判定だった。

 パヤノは昨年10月7日にWBSS1回戦で井上と対戦。開始わずか70秒でダウンを奪われ、キャリア初のKO負けを喫していた。無敗のバンタム級のホープに完勝したことで、改めてその力を証明した格好だ。

 井上は5月18日にスコットランド・グラスゴーでWBSS準決勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との統一戦に臨む。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集