[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に惨敗 パヤノが“70秒KOの悪夢”を回顧「あれはなかったことにしたい」

昨年10月に行われたボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級初戦で、WBA世界王者・井上尚弥(大橋)に70秒KO負けを喫した元WBA世界スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)。3月9日に米ロサンゼルスで14戦全勝のダミアン・バスケス(米国)との再起戦に臨む猛者は「あれはなかったことにしたい」と“モンスターの悪夢”を振り返っている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

昨年10月にパヤノ(右)は井上に1回70秒でKO負けを喫した【写真:Getty Images】
昨年10月にパヤノ(右)は井上に1回70秒でKO負けを喫した【写真:Getty Images】

WBSS初戦で敗れたパヤノが再起戦を前に回顧「全く計画通りに運ばなかった」

 昨年10月に行われたボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級初戦で、WBA世界王者・井上尚弥(大橋)に70秒KO負けを喫した元WBA世界スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)。3月9日に米ロサンゼルスで14戦全勝のダミアン・バスケス(米国)との再起戦に臨む猛者は「あれはなかったことにしたい」と“モンスターの悪夢”を振り返っている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 昨年10月、横浜アリーナでパヤノは悪夢を見た。序盤鋭いジャブを放つなど動きの良さを見せたが、井上が初めて放った鮮やかなワンツーを被弾。キャリア初のKO負けの屈辱を味わった。さらに年末には、この試合が米リング誌、WBAなどの「KO・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、パヤノにとって屈辱はさらに増大する形となった。

 記事では「フアン・カルロス・パヤノは無敗のパウンド・フォー・パウンドの新参者ナオヤ・イノウエ相手の悲惨な初回ノックアウトをもう一度体験したいとは絶対に思わない」と報道。ドミニカの猛者にとっても拭い去りたい記憶だという。

「前回の試合は全く計画通りに運ばなかった。だから、あれはなかったことにしたい。そして、もう一度チャンピオンを目指して戦いたいんだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集