[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【#キミとONETEAM】「もらった刀を見て、悔しい気持ちを思いだしている」―サントリー・梶村祐介

W杯メンバーに入れなかった悔しさを忘れないためのアイテムとは…

 ただ、トップリーグが中止になってしまったことはしょうがないと思っています。今は世界的に大変な状況なので、まずはみんなが自分の体調を管理して、命を大切にすることが大前提。今年のトップリーグはもうありませんが、僕たちは次のシーズンに向けて準備をしているので、子どもたちをはじめ、W杯でラグビーに興味を持った方たちには、また試合を見に来ていただき、ラグビーを盛り上げていければと思います。

 ラグビーが持つ魅力の一つは、選手とファンの距離の近さにあると思っています。トップリーグの中止が決まる前には無観客試合という案もあったようです。ラグビーができること自体うれしいことですが、まったく違うものになっていたでしょう。この期間を過ごす中で、今までファンの前でラグビーをしていたことが、いかに幸せなことだったか、感じています。

 今、僕は自宅でトレーニングを続けています。チームから借りてきたダンベルを使ったトレーニングだったり、コアを鍛えるトレーニングだったり。家の中ではできることは限られますが、いろいろ工夫しながらやっています。

 こんなに長く、外でラグビーをできない経験は初めてです。こんな日が来るとは想像したこともありませんでした。確かに、モチベーションを保つのが難しい部分もありますが、前向きに捉えれば、次のシーズンに向けて準備できる時間がたくさんあるということ。しっかりリフレッシュする時間も作りながら、準備を進めています。

 友達と会えなかったり、外でラグビーができなかったり、残念に思う子どもたちも多いと思います。つらく感じたり、苦しく思うこともあるでしょう。僕もラグビーを続ける中で、何度も苦しいことがありました。昨年は日本代表候補に選ばれ、直前の網走合宿まで参加しましたが、W杯のメンバーには入れませんでした。もちろん、悔しかったです。

 でも、人間って1か月、2か月と経つと、悔しかったこと、苦しかったこと、悲しかったことを徐々に忘れてしまうんですね。それがいい時もありますが、僕は悔しい気持ちを忘れずに、自分のステップアップにつなげることにしました。実はW杯メンバーから漏れた選手全員に、チームから刀がプレゼントされたんです。僕はその刀を常に自分の視野に入る寝室において、見るたびに悔しい気持ちを思い出すようにしています。次のW杯はもちろん狙いますが、まずは次のトップリーグ、次のテストマッチに向けてしっかり準備をしたいと思います。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集