[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】「最後の夏がなくなった中高生へ」 14歳の金メダリスト・岩崎恭子のエール

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

バルセロナ五輪競泳金メダリストの岩崎恭子さん【写真:スポーツビズ】
バルセロナ五輪競泳金メダリストの岩崎恭子さん【写真:スポーツビズ】

連載「Voice――今、伝えたいこと」、壮絶な10代を生きた金メダリストの言葉

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第7回はバルセロナ五輪競泳金メダリストの岩崎恭子さんが登場。14歳で世界一に立ち、一躍、国民的ヒロインに。しかし、栄光の後で、人知れない苦悩も味わっていた。当時の経験から、全国高校総体などが中止となった中高生へ、エールを届けた。

 ◇ ◇ ◇

 14歳で金メダリストになった天才スイマーは今、思っている。

「いろんな制限がずっと続いてストレスが溜まることもあるけど、この経験は今の私たちに必要なことだったんじゃないかとも思っています。もちろん、つらいのはつらいけど、経験するから分かることもある。なんでも『コロナのせいで』と後ろ向きに考えるのではなく『コロナのおかげ』で見えること、できることがある。ちょっとした考え方で前向きにもなれるんじゃないかって」

 努めて前向きに、岩崎さんは先が見えない日々を生きている。

 確かに「コロナのおかげ」で社会は変わり始めた。「会議」「飲み会」「帰省」。そんな言葉の前に「オンライン」という単語が一つ付けば、かつての非現実が現実になった。どんなピンチも考え方一つでプラスにする。アスリートらしい考え方だろう。

 半面、アスリートだから悲しく思うこともある。大きな影響を受けたスポーツ界。特に、中高生世代は全国中学校体育大会、全国高校総体が中止になった。「つらい思いをしている子がたくさんいることは、本当に心が痛いです」と言い、思いを馳せた。

「ただ、今までやってきたことは全く無駄じゃない。なくなっちゃったと思いつめないで、競技を続けていけば、このつらい時期を乗り越えたことはプラスになる。もし競技をやめたとしてもスポーツで培ってきたことを否定する必要はない。今しかないこの時を乗り越えようと思うのと『ああ、ダメだ』と思いながら過ごすのでは、その後の人生がきっと違うと思うから。応援したい」

 願いを込めた言葉でエールを届けた岩崎さん。

 10代の少年少女に思いが強くなるのは、理由がある。自身にとって、競技人生で最も輝いた時とも重なるからだ。1992年。スペインの日差しに照らされ、ゴーグル焼けの痕が残る目元に浮かべた涙は、人々の記憶にもはっきりと残っている。

「今まで生きてきた中で、一番幸せです」

 バルセロナ五輪、女子平泳ぎ200メートル決勝。当時、中学2年生の少女が競泳史上最年少金メダルという快挙で世界を驚かせた。優勝した後のテレビインタビューで発した言葉は、のちに日本のスポーツ史上最も有名な名台詞の一つとなった。

「まさか、自分が獲れるなんて思ってもいなかった。金メダルを獲るまでは、ただ目の前のことを一生懸命にやっていただけなんです。練習はもちろん大変。でも、大変じゃないことなんてないと思っていたから」

 しかし、栄光の後に待っていた、人知れない10代の壮絶な苦悩。その体験は、今を生きる同年代の少年少女に響くものがある。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集