[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【#キミとONETEAM】「子どもたちへ、私から3つアドバイスがある」―前日本代表HCエディー・ジョーンズ

新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

イングランド代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズさん【写真:松橋晶子】
イングランド代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズさん【写真:松橋晶子】

子どもたちともう一度「ONE TEAM」に―「ラグビー選手から午前9時のメッセージ」第7回

 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

【注目】現役、OB、指導者ら豪華メンバーが連日登場 ラグビー連載「#キミとONETEAM」全一覧はこちらから

 もっとプレーを見せたかった選手、プレーを見たかった子どもたち。距離が遠くなってしまったいま、「THE ANSWER」はラグビー界がもう一度、子どもたちと一つになれることを願って、「#キミとONE TEAM」と題した連載をお届けしている。

 元日本代表主将の菊谷崇さんと廣瀬俊朗さんが発起人となり、多くの現役、OB、指導者らが賛同。いま抱えている思いとともに、全国の子どもたちに向けたメッセージを送る。また、記事は連日午前9時に配信。「#きょうのトライ」として、学校が休校となっている子どもたちにきょう1日を使い、やってほしいことを提案する。

 第7回は「ブライトンの奇跡」を演じた15年W杯イングランド大会で日本代表ヘッドコーチを務め、現在はイングランド代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズさんだ。

 ◇ ◇ ◇

 W杯でラグビーは大旋風を巻き起こしました。日本国内での人気も高まり、トップリーグがたくさんのファンを魅了したことは目を見張る功績だと思います。素晴らしい試合が多かったので、日本ラグビー界には明るい話題となりました。ただ残念ながら、新型コロナウイルスの影響でシーズンは中止になってしまいました。また来シーズンが始まる時、今年のような盛り上がりを作れるかが、日本ラグビー界に与えられた宿題になりそうですね。

 トップリーグの盛り上がりはアメージングでした。日本でラグビーはマイナースポーツでしたが、いまでは対戦カードに関わらず、誰もが見に行きたいスポーツとなった。これはどんな予測をも上回る成功になったと思います。

 ラグビーは特に日本に合ったスポーツだと思います。日本は世界中を見渡しても、おそらく1、2を争うくらいまとまりのある社会です。なので、ラグビーがチームとして機能しなければならない特徴が、日本人にはとてもよくなじむのでしょう。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集