[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イングランドの“ハカ奇襲” 罰金処分に海外反発「相手は何もしてはいけないのか?」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は準決勝でイングランドがニュージーランドを下し、決勝進出を決めた。この一戦で話題を呼んだのは試合前にオールブラックス伝統の「ハカ」にイングランド選手たちが応酬。V字隊列で取り囲んだ対抗策に、主催者ワールドラグビーは罰金処分を科したことが発覚。今大会屈指の名場面にペナルティ処分を下した決定に、海外のラグビーファンは「ジョーク」「情けない」と批判。海外メディアも注目している。

オールブラックス恒例の「ハカ」を取り囲むイングランドの「V字」陣形【写真:Getty Images】
オールブラックス恒例の「ハカ」を取り囲むイングランドの「V字」陣形【写真:Getty Images】

センターライン越えで罰金処分決定も、海外ファンから反発相次ぐ

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は準決勝でイングランドがニュージーランドを下し、決勝進出を決めた。この一戦で話題を呼んだのは試合前にオールブラックス伝統の「ハカ」にイングランド選手たちが応酬。V字隊列で取り囲んだ対抗策に、主催者ワールドラグビーは罰金処分を科したことが発覚。今大会屈指の名場面にペナルティ処分を下した決定に、海外のラグビーファンは「ジョーク」「情けない」と批判。海外メディアも注目している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「ハカ対抗策でイングランドに罰金処分の報道後、ワールドラグビーは『ジョーク』のレッテルを貼られる」と報じたのはオーストラリアメディア「news.com.au」だった。

 イングランドが準決勝の舞台でやってのけたV字隊列に対するワールドラグビーの罰金は波紋を広げている。

 記事では「ワールドラグビーは矛盾したメッセージについて批判を受けている。イングランドが行ったニュージーランドへのハカ対抗策を公式YouTubeチャンネルで『信じられないほど素晴らしい』と称賛した3日後に罰金処分を下した」と報じている。

 問題のシーンは試合開始前に起きた。オールブラックスが「ハカ」の隊列を組み、リード役が掛け声を上げ始めると、イングランドがいきなり奇襲に出た。敵陣にゆっくり歩き出すと、センターサークル付近でV字の陣形を形成した。中央のオーウェン・ファレル主将は笑みを浮かべるなど、オールブラックスの勇壮な舞いに臆することなく、精神的な優位性を誇示。これが開始96秒のノーホイッスルトライの呼び水となった。

 英メディアではイングランドがV字陣形の際、敵陣に6選手侵入したペナルティで、2500ポンド(35万円)以下の罰金に処せられるだろうと分析していた。

 だが、特集では大会側もイングランドのV字陣形を称賛していたことに注目している。

「ワールドラグビーは『強烈なニュージーランドのハカに対抗して、イングランドが信じられないほど素晴らしい反応』という見出しで動画を公開していた。ほぼ400万回の再生数を記録していたために準決勝の勝者を叱責し、4桁の罰金を命じたことで主催者側は見栄えの悪い状況に陥った」

 記事ではこう報じている。海外からもV字称賛から掌返しの罰金に、波紋が広がっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集