[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イングランドの“ハカV字奇襲”発案者は誰? FW選手が告白「実は彼がアイデアを…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝が行われ、イングランドが王者ニュージーランドを19-7で下し、歴史的勝利を飾った。試合は、イングランドが完璧までのディフェンスを展開し、相手に攻撃チャンスを与えず。エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)が「この日のために2年半かけて準備した」と胸を張るゲームプランが機能し、W杯で4度目の対決で初めてオールブラックスから勝利を挙げた。

オールブラックス恒例の「ハカ」を取り囲むイングランドの「V字」陣形【写真:Getty Images】
オールブラックス恒例の「ハカ」を取り囲むイングランドの「V字」陣形【写真:Getty Images】

オールブラックス恒例の「ハカ」を取り囲む「V字」に会場どよめき

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝が行われ、イングランドが王者ニュージーランドを19-7で下し、歴史的勝利を飾った。試合は、イングランドが完璧までのディフェンスを展開し、相手に攻撃チャンスを与えず。エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)が「この日のために2年半かけて準備した」と胸を張るゲームプランが機能し、W杯で4度目の対決で初めてオールブラックスから勝利を挙げた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 そのイングランドは、試合前から心理戦を仕掛けた。オールブラックスは国歌斉唱が終わると、恒例のマオリ族に伝わる戦いの踊り「ハカ」を演じる。この日も、主将キーラン・リードを先頭に全員で矢尻のような三角形の隊形を取り始めた。通常、対戦相手はこれを横一列に並ぶなどして受けて立つが、この日のイングランドは、大きな「V字」を作ってオールブラックスを取り囲むようにように並んだ。まさかの“奇襲”にスタンドを埋める6万8843人の観客からはどよめきすら起こった。

 気になるのは、この「V字」陣形は誰の発案だったのか? その謎を解いたのは、試合後のミックスゾーンに姿を表した1番PRのマコ・ブニポラだった。昨年、イングランド・プレミアシップでMVPを受賞したフォワードの要によれば、発案者は「ボス」=ジョーンズHCだったという。

「チームとしてみんなで話し合っていたけれど、当然すべては“ボス”の承認が必要だ。実は、彼がアイディアをくれたんだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集