[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「今が生きるか死ぬかの時」― イングランド、サムライ魂の“エディー語録”が話題

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8強が出揃い、19日から準々決勝が行われる。15年大会で日本を率いたイングランド代表エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は同日のオーストラリア戦を前にサムライモードを発動。「今が生きるか死ぬかの時。サムライの果たし合いでは常にどちらかが生き延び、どちらかが死ぬ」とエディー語録を披露し、話題を呼んでいる。

イングランドのエディー・ジョーンズヘッドコーチ【写真:Getty Images】
イングランドのエディー・ジョーンズヘッドコーチ【写真:Getty Images】

日本にルーツを持つエディーHC、英紙脚光「サムライ魂をまとう」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8強が出揃い、19日から準々決勝が行われる。15年大会で日本を率いたイングランド代表エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は同日のオーストラリア戦を前にサムライモードを発動。「今が生きるか死ぬかの時。サムライの果たし合いでは常にどちらかが生き延び、どちらかが死ぬ」とエディー語録を披露し、話題を呼んでいる。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「生か死か――エディ・ジョーンズがイングランドの準々決勝に向け、サムライ魂をまとう」と特集したのは英地元紙「ガーディアン」だった。今大会全勝でグループ首位で勝ち上がった優勝候補の一角イングランド。8強で激突するオーストラリアとは現在6連勝中と好相性を誇るが、楽観的な姿勢は一切見せなかった。

「今が生きるか、死ぬかの時。サムライの果たし合いでは常に、どちらかが生き延び、どちらかが死ぬ。土曜日も同じことになるだろう」

 日本にルーツを持ち、日本人と結婚した親日家エディーHCはこう語ったという。日本を4年間率い、前回のイングランド大会は優勝候補の一角、南アフリカを破る「ブライトンの奇跡」を起こし、ラグビー界に衝撃を与えた名将は第二の故郷でサムライスピリットを体現。強敵オーストラリアに襲いかかろうとしている。

「誰かが生き延びれば、誰かが死ぬ。それがこのスポーツのすべてだ。ラグビーが興奮させてくれる部分でもある。最強の8チームが出揃っている。どのチームも命をかけて戦う」

 こうも語ったといい、サムライモード全開のエディーHC。非情な心をもって、ラグビーの母国に史上2度目の栄冠をもたらすつもりだ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集