[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本を“南半球最強決定戦”へ招待すべき NZメディアが提言「彼らに相応しい」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会はA組最終戦で日本がスコットランドを28-21で破り、史上初の8強入り。4連勝で首位通過を決めたホスト国の国際的評価は急上昇。20日の準々決勝(東京スタジアム)で激突する南アフリカ、3連覇を狙うニュージーランド(NZ)など南半球の強豪4か国で争うラグビー界最高峰のリーグ戦「ラグビーチャンピオンシップ」に日本を招待すべきという声が上がっている。

8強入りを果たした日本の国際評価はうなぎ登りだ【写真:Getty Images】
8強入りを果たした日本の国際評価はうなぎ登りだ【写真:Getty Images】

4か国が参戦する「ラグビーチャンピオンシップ」への参戦を望む声が浮上

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会はA組最終戦で日本がスコットランドを28-21で破り、史上初の8強入り。4連勝で首位通過を決めたホスト国の国際的評価は急上昇。20日の準々決勝(東京スタジアム)で激突する南アフリカ、3連覇を狙うニュージーランド(NZ)など南半球の強豪4か国で争うラグビー界最高峰のリーグ戦「ラグビーチャンピオンシップ」に日本を招待すべきという声が上がっている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「なぜ、ラグビーワールドカップの英雄、日本はラグビーチャンピオンシップに認められるべきなのか」と特集したのはNZメディア「stuff」だった。

 ラグビーチャンピオンシップはオールブラックス、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチンの4か国が参加する国際リーグ戦。4か国の合弁事業「SANZAAR」が開催している。1996年にトライネイションズとして発足したが、12年からアルゼンチンが参戦し、現在の形となった。

 記事では「SANZAAR頼むよ。手をこまねいてないで、ラグビーファンの願いを叶えて、南半球のラグビーチャンピオンシップ参加を今すぐ認めるべきだ。W杯のホスト国のティア1のステータスを協議する正当な理由が多くある。兎にも角にも、彼らには相応しい」と日本を高く評価し、チャンピオンシップへの参加とラグビーのエリート国を意味するティア1入りを呼びかけている。

 優勝候補アイルランドを撃破し、A組全勝で8強入りを果たした日本は今やラグビー界の人気国だ。「ジェイミー・ジョセフのブレイブ・ブロッサムズはどんな大会も輝かせる。彼らの新鮮で魅力的なラグビーのブランド力で」とジャパン株の高騰を伝えている。

 そして、南半球の強豪対抗戦に日本を引き入れる理由には、ラグビー界の“南北問題”があるという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集