[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

連日掲載「世界のスゴ技」 豪州のスピードスター、圧巻の4人抜き&60M独走トライ

連日に渡って盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。各国のトップ選手が世界一を目指し、熱戦を繰り広げているが、「これぞW杯」という魅惑のテクニックも飛び出している。

ジョージア戦に出場したマリカ・コロイベティ【写真:Getty Images】
ジョージア戦に出場したマリカ・コロイベティ【写真:Getty Images】

ワラビーズの11番コロイベティが個人技でジョージア突き放す

 連日に渡って盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。各国のトップ選手が世界一を目指し、熱戦を繰り広げているが、「これぞW杯」という魅惑のテクニックも飛び出している。「世界のスゴ技」と題し、W杯で生まれたスーパープレーを動画付きで紹介する。今回はオーストラリアのCTBマリカ・コロイベティが決めた、華麗なステップで相手を次々と抜き去る60メートル独走トライだ。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ぶち抜いた――。そんな表現がしっくりとくる。11日のジョージア戦。10-3の後半19分、相手の粘り強いディフェンスに手を焼いていたワラビーズだが、個人のスキルで一気に決め切った。

 センターラインの自陣よりでボールを拾ったコロイベティ。まずは相手守備2人の間のわずかな隙間を見つけると、瞬時の加速で間を抜いた。そしてそこから一気に加速する。正面の相手を左へステップを切って抜くと、次の相手には右へ進路を変えて一気に中央へ。4人を抜き去り、トライを奪って見せたのだ。

 粘るジョージアを突き放す価値あるトライ。オーストラリアは勝ち点を16に伸ばして、D組の暫定首位に浮上した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集