[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

開催中止は「正しい選択」 英放送局は決断評価も、事前準備には苦言「疑問が残る」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は12日に予定されていたニュージーランド―イタリア、イングランド―フランスの2試合を中止に。大会史上初の中止決定となったが、英メディアは「残念だが、大半が正しい決断と受け止めるだろう」と支持。13日のA組の決勝トーナメント進出の可能性を左右する日本―スコットランド戦も中止となる可能性に触れ、「台風は上陸前から大会に打撃を与えている」と分析している。

日本は13日のスコットランド戦で引き分け以上で8強入りとなる【写真:Getty Images】
日本は13日のスコットランド戦で引き分け以上で8強入りとなる【写真:Getty Images】

12日の2試合が中止決定、英放送局も注目「上陸前から打撃を与えている」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は12日に予定されていたニュージーランド―イタリア、イングランド―フランスの2試合を中止に。大会史上初の中止決定となったが、英メディアは「残念だが、大半が正しい決断と受け止めるだろう」と支持。13日のA組の決勝トーナメント進出を左右する日本―スコットランド戦も中止となる可能性に触れ、「台風は上陸前から大会に打撃を与えている」と分析している。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「人命の安全への脅威から、試合を中止することは正しい選択だ」と特集したのは英最大手衛星放送「スカイ・スポーツ」だった。1987年の第1回大会以来、9度目で初の開催中止という事態に海外メディアも注目している。

 最終戦で王者ニュージーランドに勝てば、逆転突破の可能性もあったイタリア代表パリッセ主将も「こんな決定はおかしい」と訴えるなど、波紋を広げている。そんな中、台風19号の影響を直接受けた英メディアは組織委員会の決定を全面的に支持した。

「この決定は人命に関わるゆえに下されたものだ。軽々しく下されたものではない。ワールドラグビーは夜まで熟考したのだ。しかし、最終的にセーフティファーストを選んだ。これは正しい結論だ」

 今回の台風は過去26年間で最大級の勢力と予報されていることも紹介し、「巨大台風の中でラグビーをプレーすることなど単純に不可能だ。確かに残念だが、ほとんどの人々は正しい決断だと受け入れるだろう」と評価した。

 一方で、国際統括団体ワールドラグビーが不慮の事態の際に正しい計画を準備していたかについては「疑問が残る」「彼らは台風の季節にW杯が行われることを知っていたからだ」と指摘した。

 大会ディレクターのアラン・ギルピン氏は「我々は常にリスクの存在を理解していた。台風シーズンのここまで遅い段階で、こんなインパクトを与える勢力の台風は稀である。安全性が最優先される」と語り、決定事項については「全く後悔はない」とまで言い切ったことも紹介されている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集