[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スコットランド陣営、運命の日本戦へ高まる気合「4T以上を取る」「攻撃とても危険」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、スコットランドがロシアを61-0で封じ、勝ち点を5を加えて決勝トーナメント進出に大きな望みをつないだ。これで3戦を終えて2勝1敗、勝ち点10としたスコットランドは、ベスト8進出をかけて13日に日本と対決。3戦全勝で勝ち点14の日本にボーナス点を与えず勝利すれば、W杯9大会のうち8度目の決勝トーナメント進出を果たす。

スコットランドはロシアに完勝【写真:荒川祐史】
スコットランドはロシアに完勝【写真:荒川祐史】

2戦連続先発WTBグレアム「これから研究」、ロシア戦ハットSHホーン「攻撃の形遂行する」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、スコットランドがロシアを61-0で封じ、勝ち点を5を加えて決勝トーナメント進出に大きな望みをつないだ。これで3戦を終えて2勝1敗、勝ち点10としたスコットランドは、ベスト8進出をかけて13日に日本と対決。3戦全勝で勝ち点14の日本にボーナス点を与えず勝利すれば、W杯9大会のうち8度目の決勝トーナメント進出を果たす。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 9月30日サモア戦から、この日は先発メンバーを14人入れ替えたスコットランド。2試合連続で先発した唯一の選手、チーム最年少22歳のWTBグレアムは日本で警戒したい選手について問われると「これからしっかり研究したいので、今の時点で誰か挙げるのは難しい」と煙に巻いた。

 7人制でも活躍する若きWTBは「自分の強みは俊足」と話し、この日は後半早々にベンチへ下がったが、出場した46分間、所狭しとグラウンドを駆けた。日本戦でも「できるだけ早くボールを動かして強みを生かしたい」とニヤリ。中3日での強行スケジュールとはなるが、「エキサイティングな試合になるはず。私たちは4トライ以上を取ってボーナス点を目指す」と、その視線はすでに最終戦に向けられていた。

 大量9トライを奪ったロシア戦で、ハットトリックを決めたSHホーンは、日本について「攻撃がとてもデンジャラス」と警戒。いち早く密集に駆け寄り、素速い球出しで攻撃のリズムを作り上げた勝利の立て役者は、8強入りをかけた決戦は「ロースコアになるだろう」と話し、「ディフェンスをしっかりしないと。その上で、しっかりとスコットランドの攻撃の形を遂行したい」と気を引き締めた。

 前回大会の2015年も、1次リーグで日本と同組だったスコットランドは、3勝1敗で並びながらも勝ち点で「2」上回り、日本の決勝トーナメント進出を阻んだ。国の威信を懸けても、最終戦は全力で4トライ以上の差を付けた勝利を狙いにいく。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集