[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

先発14人変更のスコットランドがロシア圧倒 21-0で前半終了、必須のボーナス点に“王手”

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、静岡・エコパスタジアムでA組のスコットランドとロシアが対戦。前半はスコットランドが3トライを奪い、21-0とロシアを圧倒。勝ち点5に向けて好発進を切った。

先制に成功し、喜びを爆発させるスコットランドの選手たち【写真:荒川祐史】
先制に成功し、喜びを爆発させるスコットランドの選手たち【写真:荒川祐史】

スコットランドは前半で3トライ、ボーナスポイント獲得まで1トライに迫る

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、静岡・エコパスタジアムでA組のスコットランドとロシアが対戦。前半はスコットランドが3トライを奪い、21-0とロシアを圧倒。勝ち点5に向けて好発進を切った。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ここまで2戦を終えて1勝1敗、勝ち点5で決勝トーナメント進出の可能性を残すスコットランドに対し、3戦全敗で1次リーグ敗退が決定しているロシア。立場が異なる2チームの対戦に、スコットランドは9月30日のサモア戦から先発メンバーを14人入れ替えて臨んだ。

 ロシアのキックオフから始まった前半は、序盤にロシアが敵陣でボールを持ち続けたが、スコットランドが挽回。敵陣22メートルライン内でのスクラムから13分、SOヘースティングズが敵ディフェンスを引きずったままゴールポスト右にトライ。コンバージョンも決まり、7点を先制した。

 さらに17分。自陣22メートルライン付近からターンオーバーしたスコットランドは、パスを受けたヘースティングズが敵陣深くにボールを蹴り込んだ。これをロシアのWTBダビドフがゴール内でグラウンディングしようとしたがミス。走り込んだヘースティングズがボールを押さえ込み、2つ目のトライを奪った。

 21分にはロシア陣ゴールライン手前でのラインアウトから、ロシアSHペロワがBKに展開しようとしたパスを、スコットランドSHホーンがインターセプト。そのまま飛び込んでトライを決めた。

 その後もスコットランドが主導権を握ったまま、前半を終えた。

 スコットランドは4トライでボーナス点を奪い、勝ち点5で勝利すれば、同10で最終戦に。同14の日本戦はボーナスポイントを与えずに勝てば、逆転で決勝トーナメント進出が決まる。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集