[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

オールブラックス、一時1点差から71得点圧勝 指揮官「エンタメ性が高い試合だった」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は6日、東京スタジアムでB組の世界ランク1位ニュージーランドがすでに1次リーグ敗退が決まっている同23位ナミビアから11トライを奪い、71-9で圧勝。今大会最多トライ&最多得点で開幕3連勝を飾った。

オールブラックスがナミビアに圧勝【写真:石倉愛子】
オールブラックスがナミビアに圧勝【写真:石倉愛子】

終わってみれば今大会最多11トライ&71得点で開幕3連勝

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は6日、東京スタジアムでB組の世界ランク1位ニュージーランドがすでに1次リーグ敗退が決まっている同23位ナミビアから11トライを奪い、71-9で圧勝。今大会最多トライ&最多得点で開幕3連勝を飾った。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 終わってみれば、やっぱりオールブラックスは強かった。立ち上がりの開始2分ペナルティゴール(PG)で先取点を与え、連続トライで逆転したものの、その後もPG2本を許してしまい、30分で10-9と1点差に迫られた。ナミビアの善戦に会場も大いに盛り上がった。しかし、35分にタアバオと44分のスミスのトライで22-9で前半を折り返すと、後半は最強軍団の独壇場になった。

 一挙7トライでナミビアに隙を与えず。今大会最多となる11トライに71得点で圧勝してみせた。試合後の会見、スティーブ・ハンセンヘッドコーチ(HC)は「いろんなエンターテイメント性が高い試合だった」と第一声。「ナミビアが素晴らしい試合をしていた。後半はエンジョイしていたが、前半は心構えを出せず、ナミビアにいろんなことをさせた」と相手に敬意を示した。

 それでも、指揮官は「後半に入る前にもう一度、方向性を確認する必要があった。ジョーディ・バレットがよくやっていた。最後も特別なトライしていた。私はなかなか立ち上がることないけど、立ち上がったよ」と笑いながら、今大会初めてSOで起用した10番を称えていた。これで開幕3連勝としたオールブラックス。暫定首位に立ち、最終戦のイタリア戦で1位通過をかけて戦う。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集