[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

もう負けられない一戦 フィジーがジョージアに前半7-3、大雨の花園が白熱

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、大阪・大阪・東大阪市花園ラグビー場D組の世界ランク11位・ジョージアと同12位・フィジーが激突し、フィジーが7-3とリードして前半を折り返した。フィジーは試合前にウォークライ(戦いの雄たけび)として力強い「シビ」を披露。オールブラックスの「ハカ」のような儀式にラグビーファンの熱気が漂った。

先制トライを決めたフィジーのワイセア・ナヤザレブ【写真:Getty Images】
先制トライを決めたフィジーのワイセア・ナヤザレブ【写真:Getty Images】

D組ジョージア-フィジー

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、大阪・大阪・東大阪市花園ラグビー場D組の世界ランク11位・ジョージアと同12位・フィジーが激突し、フィジーが7-3とリードして前半を折り返した。フィジーは試合前にウォークライ(戦いの雄たけび)として力強い「シビ」を披露。オールブラックスの「ハカ」のような儀式にラグビーファンの熱気が漂った。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 雨交じりの曇り空で幕を開けた“西の聖地”花園の一戦は、早くも照明が点灯。スタンドで雨具を着た大勢のファンが見守る一方で、フィールドでは熱い火花が散った。膠着状態の続いた前半15分。ジョージアが先制のペナルティゴールを決め、一度はスタンドのジョージア国旗が揺れた。しかし、ボールは外れており、取り消しに。直後にフィジーの反撃が待っていた。

 19分、フィジーはハーフウェーライン付近から前方にキックパスを送ると、左タッチライン際で楕円形のボールが不規則に跳ね、ギリギリでラインを割らず。走り込んだWTBセミ・ラドラドラがボールを奪い、パスを受けたCTBワイセア・ナヤザレブが抜け出してゴール左にトライを決めた。コンバージョンも決めて7-0と均衡を破った。

 雨脚は強くなり、両チームともボールを滑らせる場面が目立つ。前半30分を過ぎ、反撃に転じたいジョージアは自陣残り10メートルのピンチからマイボールスクラム。オフロードパスを含めた華麗なパス回しで一気に相手陣内に攻め込んだ。最後は残り50センチの攻防。互いにタックルを浴びせ続けた末、最後はトライ寸前でジョージアがノックオンを取られた。ペナルティゴールを決めて4点差に迫った。

 ジョージアは23日に行われた世界2位ウェールズとの初戦で14-43と大敗発進だった。29日の第2戦に敗れたら決勝トーナメント進出が極めて厳しくなっていたが、25日に格上フィジーを撃破したウルグアイを33-7で一蹴。1次リーグ最終戦の11日に同6位のオーストラリア戦を残すだけに、負けられない一戦だ。

 21日の初戦でオーストラリアに21-39で敗れたフィジー。ウルグアイ戦で2連敗となり、後がない状況だ。相手のジョージアと同様、最後に格上のウェールズ戦(9日)が残り、もう負けられない。2日時点で全チームが2試合を終えたD組の勝ち点は、ウェールズ9、オーストラリア6、ジョージア5、ウルグアイ4、フィジー2となっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集