[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本代表ブラウンコーチ、開幕ロシア戦へ自信「常に新しい攻撃オプションある」

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕を翌日に控えた19日、日本代表が会場となる東京スタジアムでキャプテンズラン(前日練習)を行った。晴れやかな青空の下で行われた練習は、冒頭15分を報道陣に公開。チームはキックオフなどセットプレーからの攻撃を確認した。練習後、記者会見に登壇したトニー・ブラウン・アタックコーチは「私たちは二度と同じアタックはしない。いつも新しいアタックのオプションがある」と、初戦ロシア戦に向けて日本が持つ“引き出し”の多さを強調した。

トニー・ブラウン・アタックコーチ(右)【写真:荒川祐史】
トニー・ブラウン・アタックコーチ(右)【写真:荒川祐史】

ブラウンコーチは攻撃の“引き出し”の多さ強調

 ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕を翌日に控えた19日、日本代表が会場となる東京スタジアムでキャプテンズラン(前日練習)を行った。晴れやかな青空の下で行われた練習は、冒頭15分を報道陣に公開。チームはキックオフなどセットプレーからの攻撃を確認した。練習後、記者会見に登壇したトニー・ブラウン・アタックコーチは「私たちは二度と同じアタックはしない。いつも新しいアタックのオプションがある」と、初戦ロシア戦に向けて日本が持つ“引き出し”の多さを強調した。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 日本の攻撃の鍵を握る男が、自信たっぷりの笑みを浮かべた。重要な試合を前に攻撃プランの詳細を語ることはなかったが、日本は「ニ度と同じアタックはしない」と断言。その理由として「いろいろなポジションをプレーできる選手がいる」ことを挙げ、「ベンチに控える山中(亮平)や(松田)力也もそういう選手」と言及。展開次第では臨機応変に攻撃プランを変えられるバリエーションの多さこそが、日本代表の強みだとした。

 W杯前最後のテストマッチとなった6日の南アフリカ戦では、相手のキック攻撃に翻弄された。司令塔のSO田村優が良さを生かし切れなかったが、「非常に大切な選手。田村がいいプレーをすればチームが生きるし、チームとしていいプレーをすれば田村が生きる」と、ブラウンコーチの信頼は揺るがず。ロシア戦での先発SHに抜擢された流大についても「リーダーの一人として大きな影響力があるし、落ち着いている」と期待した。

 ただ、南ア戦での日本の戦いぶりを見て、ロシアがキックを多用してくる可能性は高い。ブラウンコーチは「キックゲームは大事。南ア戦では対応し切れていなかった」と認めたが、「ロシアのキックに対するキャッチにはいろいろなプランがある」と、この2週間で入念な対応策を講じたようだ。

 いよいよ迫る開幕戦。「楽しみながら準備をしてきた。あまり緊張はしていない」と自然体で臨むブラウンコーチが、どんな攻撃プランを用意しているのか楽しみだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集