[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーW杯チケットデザイン3種類発表 トップ選手の躍動感を武者絵で表現

ラグビーワールドカップ2019組織委員会は17日、日本大会観戦チケットのデザインを発表した。ラグビー界最高峰の祭典が、アジアで初めて日本で開催される「一生に一度」の大会であることを記念。「伝統と革新」をコンセプトに、伝統あるラグビーや日本の文化と魅力を伝える斬新な3種のデザインとなった。

発表されたラグビーW杯のチケットデザイン【写真:ラグビーワールドカップ 2019 組織委員会 】
発表されたラグビーW杯のチケットデザイン【写真:ラグビーワールドカップ 2019 組織委員会 】

青、赤、紫をベースに「伝統と革新」を和柄で描く

 ラグビーワールドカップ2019組織委員会は17日、日本大会観戦チケットのデザインを発表した。ラグビー界最高峰の祭典が、アジアで初めて日本で開催される「一生に一度」の大会であることを記念。「伝統と革新」をコンセプトに、伝統あるラグビーや日本の文化と魅力を伝える斬新な3種のデザインとなった。

 日本ならではの和紙をモチーフとした柄を全面に使用し、セキュリティの目的で印刷されるホログラムには優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」のデザインを採用。さらに、チケットの左側には、大会のブランドカラーでもある青、赤、紫をベースとしたイメージグラフィック上に、それぞれ武者絵のタッチで描かれたラグビー選手の躍動感あふれる姿を施した。武者絵とは、歴史・軍記物などに登場緒する伝統的な英雄・豪傑・武将や、その合戦の場面を描いた日本の伝統的な絵画の種類で、世界のトップ選手が集まる本大会の迫力を表している。

 組織委員会によれば、チケット購入時に配送(紙チケット)か電子チケットかのいずれかが選択できたが、購入者の80%以上が紙チケットを希望しているという。紙チケットは7月下旬以降に順次配送開始予定で、3種類のデザインは選択することができず、手元に届いた時のお楽しみとなる。紙チケットは、日本を代表する画家の尾形光琳による「八橋図屏風」が描かれたオリジナルウォレットとともに発送される。なお、電子チケットは9月上旬より公式チケットサイトから表示、印刷が可能となる予定だ。

 まだチケットを手に入れていない方は、現在、7月下旬までの予定で第3次チケット一般発売の真っ最中。また8月には第4次チケット一般発売が行われる予定だ。

(THE ANSWER編集部)

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集