[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15人制と7人制の違いとは 東京五輪へ挑む福岡堅樹が解説「何度もトップスピードに」

ラグビーのトップリーグ第2節は18日、豊田スタジアムでトヨタ自動車―パナソニックが行われ、ワールドカップ(W杯)日本代表6人を擁するパナソニックが40-20で開幕2連勝を飾った。この試合後、東京五輪を目指して7人制日本代表に合流するWTB福岡堅樹は終了間際に“有終トライ”を披露。トップリーグ史上最多の観衆3万7050人を最後まで魅了した。

パナソニックの福岡堅樹【写真:小倉元司】
パナソニックの福岡堅樹【写真:小倉元司】

7人制挑戦を明言していた福岡は、なぜ2試合限定でトップリーグでプレーしたのか

 ラグビーのトップリーグ第2節は18日、豊田スタジアムでトヨタ自動車―パナソニックが行われ、ワールドカップ(W杯)日本代表6人を擁するパナソニックが40-20で開幕2連勝を飾った。この試合後、東京五輪を目指して7人制日本代表に合流するWTB福岡堅樹は終了間際に“有終トライ”を披露。トップリーグ史上最多の観衆3万7050人を最後まで魅了した。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 大観衆が見守る中で展開された白熱のシーソーゲーム。決着をつけたのはこの男だった。8点をリードして迎えた後半37分、相手のパスの乱れに乗じてボールを奪った福岡が中央にトライ。一瞬のスキを見逃さない、“らしい”プレーを置き土産に有終の美を飾った。

「ホッとした気持ちが大きい。自分のパフォーマンス的に納得いかないところもありましたが、試合の展開としても苦しいところもあって、流れを作ることができたのはチームに与える影響としては大きい。嬉しい気持ちとホッとしたのが表情に出たのかなと思います」

 こう振り返った福岡だったが、随所で観衆を沸かせた。前半の30分過ぎにはライン際でボールを持ち、前に仕掛け立て続けにチャンスを演出。1点リードの後半31分にも自慢の快足を生かして一気にゲインし、WTB竹山晃暉のトライをお膳立てした。“パナソニックの福岡”の今季ラストゲームで存在感はやはり目立った。

 もっと15人制でも見たい――。そんなファンが増えるようなパフォーマンスだったが、2節限定でのトップリーグ出場には福岡なりの理由があった。「開幕戦からたくさんのファンが来てくれて、これだけたくさんの人が見てくれた。今はラグビーの勢いがきている。だからこそトップリーグで見てもらえるに、人気を冷めさせないために、少しだけでも挑戦させてもらった」。W杯で起きたラグビー熱を、トップリーグに還元するために、自らの役割を全うして見せた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集