[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯で生まれた“恐怖”の接触プレー 退場劇の決定的瞬間に英紙注目「担架で運ばれた」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は21日(日本時間22日)、A組のセネガルがオランダと対戦し、0-2で敗れた。セネガルのMFシェイフ・クヤテは相手選手と接触して退場。股間を痛めた決定的瞬間の写真が公開されると、海外ファンから「おいフランキー」「冗談だろ」と悲鳴が上がっている。

担架で運ばれて退場となったセネガルのMFシェイフ・クヤテ【写真:ロイター】
担架で運ばれて退場となったセネガルのMFシェイフ・クヤテ【写真:ロイター】

セネガルのシェイフ・クヤテが負傷退場

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は21日(日本時間22日)、A組のセネガルがオランダと対戦し、0-2で敗れた。セネガルのMFシェイフ・クヤテは相手選手と接触して退場。股間を痛めた決定的瞬間の写真が公開されると、海外ファンから「おいフランキー」「冗談だろ」と悲鳴が上がっている。

 痛みは黒星だけではなかった。後半23分、空中のボールに対し、クヤテが飛び上がってヘディングを試みた。すぐ近くにいたフランキー・デヨング(オランダ)も反応し、手を伸ばしたところ、これがクヤテの股間に一直線。思わぬ接触プレーとなった。

 クヤテはその瞬間に苦悶の表情を浮かべ、ピッチ倒れてしまった。治療が行われるもプレー続行は不可能。担架で運ばれて退場となった。

 英紙「ザ・サン」はこのシーンに注目。「シェイフ・クヤテが担架で運ばれた。フレンキー・デ・ヨングに手で股間を触られたからである」と見出しを打った。

 ツイッター上でも決定的瞬間の写真が拡散され、「なんだこれ」「ボールを間違えている」「おいフランキー」「冗談だろ」「横にいる選手の顔」と海外ファンから反響が集まっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集