[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

賛否両論のW杯“開始3分オフサイド” 当初困惑の英解説者「なぜ取り消されたのか…」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)が20日(日本時間21日)に開幕。注目の開幕戦はエクアドルが開催国カタールを2-0で破り、白星発進となった。試合中、大きな話題を呼んだのがオフサイド判定をめぐる新テクノロジー。賛否が分かれた判定と運用に、英国の解説者も困惑している。

W杯開幕戦で2得点をマークしたエネル・バレンシア【写真:ロイター】
W杯開幕戦で2得点をマークしたエネル・バレンシア【写真:ロイター】

カタールW杯開幕戦で話題になった新テクノロジー

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)が20日(日本時間21日)に開幕。注目の開幕戦はエクアドルが開催国カタールを2-0で破り、白星発進となった。試合中、大きな話題を呼んだのがオフサイド判定をめぐる新テクノロジー。賛否が分かれた判定と運用に、英国の解説者も困惑している。

 終わってみればエクアドルの完勝だった開幕戦。攻めては主将のFWエネル・バレンシア(フェネルバフチェ)の2得点など攻撃陣が機能し、守ってはカタールに枠内シュートを1本も許さない鉄壁の守備だった。とはいえ、前半3分に決まったかに見えたバレンシアのゴールは、今大会から導入された「半自動オフサイドテクノロジー」の判定によって取り消しに。実際にオフサイドとわかる3Dグラフィック画像が中継映像だけでなく場内にも流されたが、ファンの混乱は大きかった。

 英紙「ミラー」は「カタール戦でエクアドルのゴールが取り消された理由が明らかになり、ファンは困惑」との見出しで記事を掲載。「珍しい当初の判定は大きな混乱を招いた。BBCで解説を務めるディオン・ダブリンも同じように困惑したようで『スタジアムが今までで一番騒がしかったよ! アメージングだ。なぜオフサイドだったのかわからない。キーパーを押したところかな? なんでゴールは取り消されたんだろうか』と語っていた」と記している。

 今回の事象はオフサイド判定の中でも難しい事例の一つ。バレンシアのゴールの場面が対象だったのではなく、コロンビアのFKをカタールGKシーブが飛び出してエクアドルDFトレスと競り合い、トレスが先にヘディングでボールを触った時点で、走り込んでいたコロンビアFWエストラダの足が出ていてオフサイドという複雑なプレーだった。これまでなら見逃されてきた事象だけに、「正当だ」「試合を台無しにする」などと海外ファンの間でも賛否が分かれていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集