[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に興奮!? 米実況が伝えた“謎の日本語”にファン困惑 原因は「Google翻訳」【二刀流の衝撃2021】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は5月、大谷の投球に対して現地の実況が謎の日本語を絶叫したシーンだ。日本のファンからは「意味不明」「何言ってんだ(笑)」などと注目が集まっていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「大谷翔平の名場面総集編」5月、現地実況が発した謎の日本語とは?

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は5月、大谷の投球に対して現地の実況が謎の日本語を絶叫したシーンだ。日本のファンからは「意味不明」「何言ってんだ(笑)」などと注目が集まっていた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 興奮がピークに達したのか。5月11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦の4回2死一塁だった。この日先発した大谷はコレアを追い込むと4球目は、高めへの89.2マイル(約144キロ)スプリット。コレアは手が出ない。見逃し三振で大谷がダグアウトに向かって歩き出した、その瞬間だ。

「決まった! ドコカニイッテ、ハヲミガク! Go away and brush your teeth(立ち去って歯を磨け). Google翻訳です」

 米ロサンゼルスのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・ウェスト」で実況を担当するマット・バスガーシアン氏が突然、謎の日本語を使って大谷の三振を伝えたのだ。「立ち去って歯を磨け」という米国の慣用表現をGoogle翻訳で直訳したために生まれたものとみられるが、実際の映像を同局公式ツイッターが投稿すると、日本でも話題になった。

 ファンからは「意味不明」「わけわかんない」「何言ってんだ(笑)」「アメリカンジョーク?」「日本語かわゆす」などの反応が集まった。バスガーシアン氏は7月にも「スワッテクダサイ!」「ジャア~マタネ!」と再び実況中に日本語を披露。来季も独特な表現に注目だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集