[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、代理人が“リベンジ”予感した開幕前の発言「彼は実際にやってのけたんだ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季投げては9勝、打っては46本塁打と二刀流の活躍で全米を沸かせた。大谷の代理人、ネズ・バレロ氏は故障などの影響で不振に終わった2020年を払拭し、今季リベンジ宣言をしていた二刀流復権にかける熱いエピソードを明らかにしている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

代理人バレロ氏が明かしたエピソードとは

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季投げては9勝、打っては46本塁打と二刀流の活躍で全米を沸かせた。大谷の代理人、ネズ・バレロ氏は故障などの影響で不振に終わった2020年を払拭し、今季リベンジ宣言をしていた二刀流復権にかける熱いエピソードを明らかにしている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」の年間最優秀選手に選出された大谷。同誌の受賞特集では2017年から大谷の代理人を務めるバレロ氏が登場した。新人王に輝いた2018年10月にトミー・ジョン手術を受け、2019年には膝の手術、そして、昨季は右屈曲回内筋群の損傷と故障が続いていた大谷の、今季にかける熱い執念を明かした。

 大谷は開幕前、筋力トレーニングの成果で体を大きくした事で話題を呼んだ。記事では「彼はスプリングトレーニングにかつてないほど巨大かつ、パワフルな状況で登場した」と報じているが、バレロ氏は大谷との今季開幕前のやり取りをこう語ったという。

「彼の数字が示す以上に、明らかにレベルアップしたことは彼自身も分かっていた。相当な気合が入っていたので、こんな発言も出ていたんだ。『僕は2020年を払拭する。そして、2021年はリベンジで復活しますよ』と、彼は実際にやってのけたんだ」

 新型コロナウイルスの影響で短縮された昨季だが、トミー・ジョン手術からのリハビリや、故障などの影響で大谷は打者として、44試合で打率.190、7本塁打、24打点、投手としては2試合で1敗、防御率37.80に終わっていた。

 悪夢の1年から復活を期した大谷は記録づくめの歴史的シーズンを過ごし、見事にリベンジを果たした。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集