[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

王者チェンが頭を抱える まさかのSP転倒4位に米記者も驚き「消沈具合を考えると…」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは22日(日本時間23日)、男子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年優勝のネイサン・チェン(米国)が82.89点で4位スタートとなった。転倒もあり出遅れた王者に米記者も「2018年以来最低のSPかも」などと驚きを示している。

ショートプログラムを終えて、82.89点の4位にとどまったネイサン・チェン【写真:AP】
ショートプログラムを終えて、82.89点の4位にとどまったネイサン・チェン【写真:AP】

スケートアメリカSPでまさかの4位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは22日(日本時間23日)、男子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年優勝のネイサン・チェン(米国)が82.89点で4位スタートとなった。転倒もあり出遅れた王者に米記者も「2018年以来最低のSPかも」などと驚きを示している。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 思わぬSPとなった。チェンは冒頭の4回転ルッツで転倒。一瞬、会場全体が息を呑んだ。3回転アクセルは決めたものの、続くコンビネーションジャンプでもミス。97.43点で首位に立ったヴィンセント・ジョウ(米国)に15点近く離され、演技後には頭を抱えるシーンも見られた。

 チェンの出遅れには米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏も驚いたようで、「2018年以来最低のショートプログラムかもしれない」とツイート。宇野昌磨(トヨタ自動車)に次ぐ2番目の高得点を得た演技構成点については「スケート中の彼の意気消沈具合を考えるとかなり寛大だ」とコメントしていた。

 SPは2位に89.07点で宇野、3位には84.52点のジミー・マー(米国)がつけた。佐藤駿(フジ・コーポレーション)は80.52点で5位だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集