[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投手初の「最強打者賞」に推す3つの理由 米記者「ボンズですら及ばない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、傑出した打者に贈られる「ハンク・アーロン賞」の最終候補7人に入っている中、米記者が受賞を後押しする「3つの理由」を紹介している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「ハンク・アーロン賞」最終候補に入った大谷翔平、米記者が推薦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、傑出した打者に贈られる「ハンク・アーロン賞」の最終候補7人に入っている中、米記者が受賞を後押しする「3つの理由」を紹介している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 各リーグで傑出した打者をファン投票などで選ぶ同賞。大谷はア・リーグの7人に選ばれており、投手としてノミネートされたのは初めてだった。受賞すれば1999年の同賞創設以降初の快挙。過去にはサミー・ソーサ、バリー・ボンズなどレジェンドが名を連ね、日本人はいない。

 今季は打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁。米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」などに寄稿するエバン・デサイ記者が、「ショウヘイ・オオタニがハンク・アーロン賞受賞に値する3つの理由」と題した大谷の記事を執筆した。米スポーツメディア「ファンサイデッド」に掲載。1つ目に「理由1.打者としての多才さ」を挙げ、こう説明している。

「これだけの本塁打を打って、これだけの打点をあげ、リーグ最多の三塁打を記録することなんで誰ができる?」

 続けて同記者は「理由2.ア・リーグ最速のベースランナー」とし、「誰が単打から二盗を決める? 誰が本盗できるだろうか?」と投げかけた。8月31日の本拠地ヤンキース戦でホームスチールに成功。飛び抜けた実力が評価された。さらに「理由3.エンゼルスのラインナップが酷い時でも彼はかっ飛ばす」と3つ目の理由を説明している。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集