[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平いても勝てないエンゼルス PS進出はいつになる、米メディア予想「2028年だ」

大谷翔平投手が所属する米大リーグ・エンゼルスは、今季ア・リーグ西地区4位に沈んだ。77勝85敗で7年ぶりのポストシーズン進出はならず。次の進出はいつになるのか、米メディアは理由とともに「2028年」と予想している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米メディアが「いつPS進出できるかを予測」、エンゼルスは何番手か

 大谷翔平投手が所属する米大リーグ・エンゼルスは、今季ア・リーグ西地区4位に沈んだ。77勝85敗で7年ぶりのポストシーズン進出はならず。次の進出はいつになるのか、米メディアは理由とともに「2028年」と予想している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」は「MLBのプレーオフに行けなかったチームが、いつ進出できるかを予測」の見出しで記事を掲載した。「現在のロースターの強さ、プロスペクトの状況、財政的な柔軟さに注目して、それぞれのチームはいつプレーオフに進出できるかを予測した」と説明。エンゼルスは「2028年」となり、20球団のうち最も遅い方から数えて3番手に挙がってしまった。

 寸評では厳しい意見が並べられている。

「エンゼルスは本格的な先発ローテーションを組むまでは、マイク・トラウトやショウヘイ・オオタニがいたとしても(PS進出は)難しい見通しだ」

「この点に関して、フロントの仕事ぶりはゼロだ。FA市場のトップ選手を逃し、ローテーションの後ろ(4番手、5番手レベル)の選手で、ローテーションをやりくりしている」

「若手のホセ・スアレス、パトリック・サンドバル、クリス・ロドリゲス、リード・デトマーズなどが活躍するかもしれないが、チームはそれでも大幅な補強が必要である」

 主砲のトラウトやアンソニー・レンドンなどと大型契約を結んでいるが、今季はともに故障で離脱。今後の契約がどうなるか注目が集まっている大谷は、投手として9勝2敗だったものの、チーム防御率4.67はリーグ12位と投手陣は打ち込まれた。ちなみに同メディアでエンゼルスより遅い予想だったのは、パイレーツとロッキーズの2030年だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集