[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

首位浮上の松山英樹、木の間通した絶妙ショットに米称賛「止められない」「見事だ!」

米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップは、22日に千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で第2ラウンドが行われ、松山英樹(LEXUS)は通算8アンダーとして単独首位に立った。PGAツアーは雨と気温低下という悪天候の中、木の間からでもグリーンをとらえた絶妙なショット等の映像を公開。動画内では「母国でのヒデキは誰も止められない」などと称賛の声があがっている。

第2ラウンドを終えて、通算8アンダーで単独首位に立った松山英樹【写真:Getty Images】
第2ラウンドを終えて、通算8アンダーで単独首位に立った松山英樹【写真:Getty Images】

第2ラウンドを終え単独首位に

 米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップは、22日に千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で第2ラウンドが行われ、松山英樹(LEXUS)は通算8アンダーとして単独首位に立った。PGAツアーは雨と気温低下という悪天候の中、木の間からでもグリーンをとらえた絶妙なショット等の映像を公開。動画内では「母国でのヒデキは誰も止められない」などと称賛の声があがっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 雨の中で実力を発揮した。青いウェアを着てラウンドした松山は、8番パー4の第1打をラフに入れてしまう。しかし、第2打は7番アイアンで、木と木の間を通すようにショットを放った。スライスをかけたボールはバウンドしながら見事にグリーンを捉えた。これには米実況も「良い感じに跳ねた。オオ、凄く良いぞ。ヒデキ! 見事だ!」と興奮気味に伝えていた。

 13番パー3では2日連続でバーディーを奪取。ティーショットをピン奥に着弾させると、スピンのかかったボールはピン近くに向かって転がった。実況席は「雨なのでグリーンはソフトな状態です。(それを考慮した)賢いショットです。ピンの方へ戻っていきます」と対応力に注目していた。

 実際の映像をPGAツアー公式ツイッターが公開。冒頭では女性の英語ナレーションで「雨の中のバトル。今週の母国でのヒデキは、木の間のショットでも誰も止められません」と称賛されていた。松山は今年4月のマスターズで日本人として米メジャー大会で初優勝。日本で行われている今大会では、ツアー7勝目も視野に入ってきた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集