[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花「もう勝てないのかなと…」 1年ぶり優勝、Vパット前には涙「希望になる1勝」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で最終ラウンド(R)が行われた。単独首位で出た原英莉花(日本通運)が1イーグル、2バーディー、1ボギーの68で回り、通算17アンダー。一時4人が首位に並ぶ大混戦を制し、約1年ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。2位は14アンダーで柏原明日架、鈴木愛、福田真未の3選手。優勝インタビューでは「もう勝てないのかなと思ったんですけど、勝ててうれしくて……ありがとうございます」と声を詰まらせた。

2位と3打差をつけて見事優勝した原英莉花【写真:Getty Images】
2位と3打差をつけて見事優勝した原英莉花【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で最終ラウンド(R)が行われた。単独首位で出た原英莉花(日本通運)が1イーグル、2バーディー、1ボギーの68で回り、通算17アンダー。一時4人が首位に並ぶ大混戦を制し、約1年ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。2位は14アンダーで柏原明日架、鈴木愛、福田真未の3選手。優勝インタビューでは「もう勝てないのかなと思ったんですけど、勝ててうれしくて……ありがとうございます」と声を詰まらせた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 2位に2打差の単独首位で出た原。2番パー4の第2打をピンそば約1メートルの距離につけてバーディー。観客の拍手に手を挙げて応えた。しかし4番パー4でボギーを叩き、前半はパープレー。スコアを伸ばせなかった。

 一時は柏原明日架、鈴木愛、福田真未と14アンダーの首位で並ぶ大混戦に。それでも11番パー5でバーディーを奪うと、17番パー5では2オンに成功し、見事なパッティングでイーグルを奪取した。18番はウイニングパットを打つ直前に感極まったのか涙をぬぐう仕草。しっかりと沈めると手を挙げてギャラリーの祝福に応えた。

 優勝インタビューでも原は声を詰まらせ「本当に最終戦近くなって、一年間いろいろあったなと思いながら、もう勝てないのかなと思ったんですけど、勝ててうれしくて……ありがとうございます」と感謝した。

 通算17アンダーは、パー71では今季の最少ストローク記録。17番のイーグルについては「こんなことってあるんだと思いました。嬉しい」とコメント。「長かったんですけど、本当に今は嬉しい気持ちと、ホッとした気持ちと、来年に向けて希望になる1勝だったと思います」と話した。

 来週は今季最終戦の国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ。前年優勝している大会だ。「昨年勝った試合でもあるし、自分の中でも気持ちが高まってる試合でもある。今日の1勝を糧に、また優勝目指して頑張りたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集