[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、井上尚弥に全米は衝撃を受けたのか 「崇高」と評された「最高のパンチ」とは

「ナオヤ・イノウエはダテに“The Monster”と呼ばれる訳ではない」

 記事では、鮮やかなダウン劇について、こう評価した。

「最終的にナオヤ・イノウエは印象的な6回で相手を壊滅させたが、おそらく最高のパンチは5回の攻防で繰り出された。彼がこの崇高な左フックをボディに打ち付けた時に、だ」

 そして、「なんてボディショットなんだ」と驚きとともに称賛している。

「ナオヤ・イノウエはダテに“The Monster”と呼ばれる訳ではない。米国デビュー戦の相手は苦悶の苦痛とともに思い知った」とも報じられ、井上が与えた衝撃の要因を分析していた。

 全米を震撼させた崇高な左フック。アメリカに対する名刺替わりの一発となり、「ナオヤ・イノウエ」の名は一夜にして世界中に広まった。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集