[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロシア新世代は難ジャンプ跳んでるだけ? 母国の元世界女王が“天才3人娘”を分析

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズの女子はアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワ、アリョーナ・コストルナヤというロシアの天才少女3人がともに2連勝し、全6戦の優勝を独占。5日に開幕するGPファイナル(トリノ)に駒を進めた。ロシア初の世界女王マリア・ブッテルスカヤ氏は3人についてロシアメディア「portal-kultura.ru」で語り、「新世代の選手は難しいジャンプを跳んでいるだけではないか」との見方にも見解を示している。

左からアレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ【写真:Getty images・AP】
左からアレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ【写真:Getty images・AP】

ブッテルスカヤ氏がトルソワ&シェルバコワ&コストルナヤを評価

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズの女子はアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワ、アリョーナ・コストルナヤというロシアの天才少女3人がともに2連勝し、全6戦の優勝を独占。5日に開幕するGPファイナル(トリノ)に駒を進めた。ロシア初の世界女王マリア・ブッテルスカヤ氏は3人についてロシアメディア「portal-kultura.ru」で語り、「新世代の選手は難しいジャンプを跳んでいるだけではないか」との見方にも見解を示している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 トルソワ、シェルバコワ、コストルナヤに平昌五輪女王アリーナ・ザギトワを加え、GPファイナル6人のうち4人を送り込むロシア勢。いずれもエテリ・トゥトベリーゼ氏の教え子である4人について、ブッテルスカヤ氏は「そのうち誰が一番優勝する可能性があるか」を問われ、「4人すべてが別々に注目するに値します」とした上で、それぞれについて言及した。

 とりわけ今季シニアデビューし、GPシリーズ連勝を飾った3人だったが、同氏が真っ先に好感を口にしたのが、コストルナヤだった。「私はいつも彼女のことがとても好きでした。今年は彼女にとってシニア1年目ですが、すぐにこのような成功を収めています」とした上で、具体的に評価した。

「彼女は驚くほど優雅な滑りを見せ、素晴らしい3回転アクセルを跳んでいます。リンクの上で1歩目からジャッジを魅惑し、彼らは(彼女のことが)好きになります。フィギュアスケートでは多くのことがそれ(ジャッジの印象)に左右されます。ジャッジたちに好ましい印象を与えることがとても大切です」

 この回答を受け、「ということはジャッジがそのスケーターを好きでなければ、過小に評価することもあるのですか?」との質問を受けると、ブッテルスカヤ氏は「まさにそうです」と言い、コストルナヤを引き合いに出して「しかし、彼女の場合はそういった問題はありません」と断言する。

「彼女は一番高い評価に値します。彼女のプログラムはすべてが素晴らしく構成されています。難度、内容の充実さ、構成、音楽性、エレメンツの実施――すべてが最高のレベルにあります。アリョーナが日本でSPの世界記録を打ち立てたことは驚きではありませんでした」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集