[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

首位浮上のイ・ボミ、「渋野ちゃん!」の声に“嫉妬”「ちょっと寂しかった(笑)」

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は5バーディー、4ボギーの通算5アンダーで2打差の3位につけた。同組で回った2015、16年賞金女王のイ・ボミ(韓国)は7バーディー、4ボギーの69で回り、7アンダーで単独首位に浮上。渋野と大ギャラリーを引き連れたが、新進気鋭の21歳に送られた声援に“嫉妬心”をのぞかせた。

同組でまわった渋野日向子(左)とイ・ボミ【写真:荒川祐史】
同組でまわった渋野日向子(左)とイ・ボミ【写真:荒川祐史】

渋野日向子と同組で単独首位浮上、ボミ「優勝して、奥さんになっても頑張りたい」

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は5バーディー、4ボギーの通算5アンダーで2打差の3位につけた。同組で回った2015、16年賞金女王のイ・ボミ(韓国)は7バーディー、4ボギーの69で回り、7アンダーで単独首位に浮上。渋野と大ギャラリーを引き連れたが、新進気鋭の21歳に送られた声援に“嫉妬心”をのぞかせた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 笑顔でファンに癒しを与える2人が優勝争いだ。「スマイルシンデレラ」と呼ばれる渋野と韓国時代から「スマイルキャンディー」と愛されたボミ。この日の1番は数千人のギャラリーがコースを取り囲んだ。

 ボミは4番パー4は第1打をフェアウェー左に置くと、第2打はピン奥1メートル弱にピタリ。下りのバーディーパットを沈めた。6番パー4の第2打はピン奥50センチにつけて喝采を浴びた。難なくバーディーパットを入れたが、7番パー4は第2打をグリーン左にこぼし、アプローチも約4メートル残した。パーパットを外してボギー。9番パー5は第2打をグリーン左のバンカーに入れたが、アプローチはピンそばに寄せてバーディーを奪ってみせた。

 17番は約5メートルのバーディーパット。90度に曲がるフックライン描き、カップに吸い込まれた。手で口を押さえるほど自分でもびっくりするスーパーパット。7アンダーで単独首位に浮上し、2年3か月ぶりの復活優勝に王手をかけた。

「今日のプレーは波があって忙しかったけど、今日は3アンダーで回れたのは嬉しい。チャンスも入れたし、17番のあのパットは凄かったです。ミスしたり、いいショットしたり、自分のスイングがまだまだ。ミスを少なくするためにもっと練習したい。ミスを少なくするのが今の私の宿題です。(優勝のチャンスは)まだわからないです。でも、正直嬉しいです。最終日も頑張って優勝して、奥さんになってもまた頑張りたいです」

 婚約者の俳優イ・ワンも見守ったラウンド。頬を赤らめながら意気込みを語った。この日、渋野と笑顔を咲かせて回った18ホール。小さな女の子から「しぶこちゃん、頑張れー!」と声援を受けると、渋野は嬉しそうな笑顔で手を振る。微笑ましい光景だが、ボミには少し違った心境も芽生えたという。

「今までは『ボミちゃん!』『ボミちゃん!』って声が多かったけど、最近は『渋野ちゃん!』しかなかったので、ちょっと寂しかった(笑)。やっぱり『ボミちゃん!』って声をかけてもらえるように、いいショットをしないとダメかなと思って頑張りました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集