[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 卓球とサッカーが異色のコラボ 五輪韓国代表の“トリック打”に反響 「神の手だ!」

卓球とサッカーが異色のコラボ 五輪韓国代表の“トリック打”に反響 「神の手だ!」

卓球のITTFワールドツアーは後半戦に突入し、19日からはオーストリアオープン(リンツ)が開幕する。史上最年少優勝を果たした張本智和(エリートアカデミー)の活躍などで卓球熱も高まるなか、国際卓球連盟(ITTF)がトリックショットを収めた動画を公開。卓球とサッカーの思わぬ“コラボレーション”に、ファンの間では反響が広がっている。

手にスパイクを装着したセオ・ヒョウオンが、卓球台で“ゴール”を決める

 卓球のITTFワールドツアーは後半戦に突入し、19日からはオーストリアオープン(リンツ)が開幕する。史上最年少優勝を果たした張本智和(エリートアカデミー)の活躍などで卓球熱も高まるなか、国際卓球連盟(ITTF)がトリックショットを収めた動画を公開。卓球とサッカーの思わぬ“コラボレーション”に、ファンの間では反響が広がっている。

 異色のトリックショットに挑戦したのは、リオ五輪の女子シングルスでベスト16入りした、世界ランキング30位のセオ・ヒョウオン(韓国)だ。

「オリンピックの卓球選手が、ピンポン部屋でサッカーをしようとしたらどうなる?」と名付けられた動画では、計8個のショットが紹介されている。

 なかでも目を引くのは、ラケットの代わりにサッカーのスパイクとソックスを“装着”し、ボールを打つ冒頭の一打だ。サイドからトスされたボールをスパイクのインステップ部分でジャストミート。卓球台端に設置されたミニゴールのど真ん中に綺麗に吸い込まれた。映像では、ゴールが決まると審判役が笛を吹き、スパイクをタオルで磨くといった“サッカー風”の演出が加えられている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー