[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南ア決勝史上初Tのマピンピ、日本でのプレーに意欲「来年、どこかでプレーするかも」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク3位の南アフリカが、同1位のイングランドに32-12で快勝。史上最多タイの3度目の優勝を飾った。後半26分に優勝を大きく引き寄せるトライを決めたWTBマピンピは試合後に「日本はラッキーな国。日本のどこかのクラブでプレーするかも」と語った。

決勝戦でトライを決めたマピンピ【写真:荒川祐史】
決勝戦でトライを決めたマピンピ【写真:荒川祐史】

後半26分、南ア史上初となる決勝でのトライで優勝引き寄せる

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク3位の南アフリカが、同1位のイングランドに32-12で快勝。史上最多タイの3度目の優勝を飾った。後半26分に優勝を大きく引き寄せるトライを決めたWTBマピンピは試合後に「日本はラッキーな国。日本のどこかのクラブでプレーするかも」と語った。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 南アが誇るスピードスターが、勝利を決定づけた。18-12の後半26分。マピンピ自身がショートパントで局面を打開し、最後は自身がトライ。これで23-12とリードを広げた。南アは過去2度決勝に進み、いずれも勝利しているが、トライを決めるのはこれが初めて。記念すべき南ア史上初の決勝トライに、マピンピは驚きつつも笑顔でこう振り返った。

「エキサイトしてますと言えないのは、今知ったから。知らなかったので。南アフリカの決勝初のトライと聞いて非常に嬉しく思いますし、チームメートのためにも嬉しく思います」

 今大会6トライは、ウェールズのジョシュ・アダムズ(7トライ)に次いで2位。5トライの松島幸太朗を上回った。日本では大会直前のテストマッチ日本戦でも3トライと暴れており、日本では9トライをマークしたことになる。

「初めて来たけど、ラッキーな国かもしれません」と笑顔を見せ、「日本にはいつか戻ってきて、どこかのクラブでプレーするかもしれません。もしかしたら来年」と将来的な日本でのプレーにも思いをはせていた。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集