[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳トルソワ、4回転3発の「241.02点の衝撃」に海外絶賛「我々は男子大会を見てるのか」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がともに世界最高記録を更新する166.52点、合計241.02点で優勝。SP1位の紀平梨花(関大KFSC)を逆転した。海外メディアは3本決めた圧巻の4回転ジャンプを動画付きで公開。さらに「我々は男子大会を見ているのだろうか?」と絶賛している。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

紀平逆転でGPデビューV、海外メディア衝撃「世界最高の4回転トウループ」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がともに世界最高記録を更新する166.52点、合計241.02点で優勝。SP1位の紀平梨花(関大KFSC)を逆転した。海外メディアは3本決めた圧巻の4回転ジャンプを動画付きで公開。さらに「我々は男子大会を見ているのだろうか?」と絶賛している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 ロシアの15歳が世界に衝撃を走らせた。青い衣装に身を包んだトルソワは冒頭の4回転サルコーで転倒したが、怯まなかった。続く、現行の世界最高難度とされる4回転ルッツを着氷。4回転―3回転の連続トウループ、4回転トウループ―オイラー―3回転サルコーも決めてみせ、1つの演技で4回転を3本成功。圧巻の演技で観客の度肝を抜いた。

 叩き出されたフリー166.52点、合計241.02点はともに現行制度の世界最高得点。SP首位だった紀平を抜き、逆に10点以上の差をつけ、シニアGPシリーズデビュー戦で優勝を飾ってみせた。そんな15歳を海外メディアも手放しで絶賛している。

 米名物記者のジャッキー・ウォン氏は驚異の高さの4回転トウループから決めた3連続ジャンプを動画付きで公開。「アレクサンドラ・トルソワが今シーズン4回転トウループで見せるジャンプは素晴らしすぎる。世界で最高の4回転トウループの一つだ」と絶賛。「プログラムはジャパンオープンからさらに洗練されている」「技術的に素晴らしい」とツイートした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集