[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イングランドが豪州に2トライで前半17-9 準々決勝唯一の“優勝国対決”で躍動

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、大分スポーツ公園総合競技場で準々決勝の世界ランク3位・イングランドが同6位・オーストラリアに17-9で前半を折り返した。4強一番乗りを目指し、準々決勝唯一の優勝国対決は白熱した試合となっている。

4強入りをかけてイングランドとオーストラリアが激突【写真:Getty Images】
4強入りをかけてイングランドとオーストラリアが激突【写真:Getty Images】

準々決勝イングランド―オーストラリア

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、大分スポーツ公園総合競技場で準々決勝の世界ランク3位・イングランドが同6位・オーストラリアに17-9で前半を折り返した。4強一番乗りを目指し、準々決勝唯一の優勝国対決は白熱した試合となっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 序盤はD組2位のオーストラリアが優勢だった。相手陣内での攻撃を展開すると、前半12分にSOクリスチャン・リアリーファノがペナルティゴールを決めて幸先よく先制。黄色に染まったスタンドの観衆とともに喜びを分かち合った。

 前回2015年大会で日本を率いた名将エディ・ジョーンズ氏がHCを務めるC組1位のイングランドもすぐさま反撃に出る。18分に敵陣約10メートルの左中間から左に展開。最後は大外のWTBジョニー・メイが左隅にトライを決めて5-3と逆転に成功した。さらに難しい角度からSOオーウェン・ファレルがど真ん中にコンバージョンを蹴り込み、技術の高さを見せた。

 さらに21分、イングランドはCTBヘンリー・スレードがハーフウェイライン付近で相手のパスミスからボールを奪い、そのまま敵陣を独走。相手に追いつかれるとキックパスで左前方に送り、追いついたメイが再び左隅に飛び込んだ。ファレルがコンバージョンを決めて14-3。26分にペナルティゴールで14-6とされたが、30分には決め返して17-6と差を広げた。

 イングランドは、勝てば準優勝した07年以来3大会ぶりの4強進出。母国開催だった前回大会は予選敗退だっただけに、エディーHCの下で完全復活を目指している。前回大会準優勝のオーストラリアは、勝てば3大会連続4強入りとなる。

 試合前には、台風19号の犠牲者へ黙祷が捧げられた。肩を組んだ選手たちだけでなく、会場に集結した国内外のファンも目をつぶって追悼した。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集