[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“笑わない男”稲垣、代表初トライに「こんな気分なんだな」 海外記者からも質問攻め

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、横浜国際総合競技場でのA組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初の8強入り。4連勝で首位通過を決めた。同点の前半25分に貴重な勝ち越しトライを決めたのはPR稲垣啓太。試合後は海外メディアからも質問攻めにあうなど、その注目度はうなぎ上りだ。

代表初トライを決めるなど日本のベスト8入りに貢献した稲垣啓太(右)【写真:石倉愛子】
代表初トライを決めるなど日本のベスト8入りに貢献した稲垣啓太(右)【写真:石倉愛子】

代表7年目の初トライにも笑顔はなし

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、横浜国際総合競技場でのA組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初の8強入り。4連勝で首位通過を決めた。同点の前半25分に貴重な勝ち越しトライを決めたのはPR稲垣啓太。試合後は海外メディアからも質問攻めに遭うなど、その注目度はうなぎ上りだ。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 “笑わない男”はやっぱり笑わなかった。前半25分、松島が相手のタックルをものともしない突破から、細かくオフロードパスをつなぎ、最後はFBウィリアム・トゥポウからのパスを受けた稲垣が中央に飛び込んだ。

 これが代表7年目での記念すべき初トライ。歓喜してもいい場面だが、稲垣はニコリともしなかった。試合後は「ベスト8目標にしてやってきて、4年間いろんなものを犠牲にしてきた。一つ目標がかなってよかった。みんながトライをするのってこんな気分なんだなって思いました」と淡々と振り返った。

 台風被害についても、「ラグビーで元気を取り戻してもらいたい。そういう思いでプレーした」と慮った強面の29歳。ミックスゾーンでは海外メディアからも質問が相次いでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集